読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【服選びがめんどくさい人必見】コーディネート楽ちん系ワンピースのススメ。

こんにちは、齋藤吐夢です。

 f:id:tomu_saito:20161005114932p:image

ワンピースが好き

 頭からかぶって、ストンと服を落とせばコーディネートのできあがり!

そんな楽ちん衣類、ワンピースが私はとても大好きです。

布の種類やシルエットだけで雰囲気が変わるところも好きです。

素材はとっても気持ちのいいジャージ素材なのに、立体的な裁断で体にフィットしている、それだけでかなり大人な雰囲気が出たり・・・。

ゆるやかで軽い生地で作ったAラインのワンピースは、重力に逆らえないために出てくる布のしわが魅力的だし、パリッとした生地のAラインワンピースはAラインが維持されるからすごく個性的な印象になったり・・・。

 

おやすみしたっていいじゃない。

 そして私が今回ワンピースの話をしたい理由は、

コーディネートをおやすみしたっていいじゃない。

と思っているからです。

 

私は元々お洒落にこだわりがあるタイプではないから説得力に欠けるかもしれませんが、コーディネートって結構頭を悩まさせるものだと感じています。

女性のみならず男性でもお洒落な人にとっては苦ではないとは思うのですが、やはり毎日着用しなければならない衣類。多少なりとも外出時には気を使います。

在宅で仕事をしていて、本当に家が楽園、外へは滅多に出ないぞ!という人は、パジャマで活動したりもしているようですが、そうではなくて、

 

着飾りたいけど、めんどくさい”なんていうワガママな人笑、におすすめしたいんです。コーディネートをおやすみしたっていいじゃない。ってなぜか上から目線で言ってみたい、そんな人にワンピースをすすめたい。

 

こんなワンピースを買いました。

そんなわけで今回は私が購入し、着用しているワンピースをいくつか紹介します。

着なくなった服の断捨離と同時に、これからもずっと着用できる服だけを購入するようにしているのですが、恐らくこのままいくと将来はワンピースしかクローゼットにない女になるのかもしれません笑。

もちろんジーンズも好きなのですが、サイズ感が合わなくなってきて似合わなくなってきたのも事実・・・。今後は似合う服だけを着ていきたいのです・・・!

 

ちなみに普段の私に似合う服というのはフェリシモ ベルメゾンといった通販雑誌に多くあります。ファッションビルに入っているブランドよりも通販ブランドの服の方が雰囲気に合っているもので・・・。

 

▼まずは、大人びた印象のワンピースからご紹介します。

f:id:tomu_saito:20161005114614j:image

これは『ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)』で購入したワンピースです。

細かく裁断されたワンピースなので、立体的で、形がきれいなのが特徴です。

ウエストが女性らしくなるので、気合を入れて着ています笑。

素材がとっても気持ちいいのですが、この形のおかげでかなり大人な印象になります。表参道や目的地が高級店の時、旦那さんが気合を入れてデートしてくれる時に着用してます笑。

 

▼これは普段使い用のワンピースです。

f:id:tomu_saito:20161005114626j:image

今回は『ベルメゾン』で購入しました。

切り替えデザインのワンピースの素晴らしさを語りたいのです!

布地が上下全く違えば違うほど、コーディネートしたかのようでしょう笑。そうこれこそが“コーディネートおやすみしたっていいじゃない。”です!

ウエストで切り替わりのあるワンピースを最も愛用しているのですが、おやすみしたっていいじゃない。”を達成する場合には、まるでワンピースじゃないようなデザインを強くおすすめします。

 

最近の切り替えデザインワンピースは、ウエストをしぼることができるので、もっとコーディネートしてる風に着ることができます!

これを購入したときは本当に“してやったり・・・!”と思いました。最近はお気に入りすぎて週に2回は登場します笑。

 

なんちゃってコーデも◎

そして普段から、上記のようなワンピースをお気に召している私なので、なんちゃってコーデの出現率も非常に高いです。

▼例えばこんな感じ。

f:id:tomu_saito:20161005114655j:image

無地のTシャツに柄の強いロングスカートを履くと、今度はわざわざコーディネートしているのにワンピースを着ている風に見えます笑。

Tシャツをインして、ロングスカートの位置を調整するだけで足長効果も発揮するのでおすすめですよ。

 

楽ちんコーディネート生活を送るために買い足したワンピースで、今日はこんなお話しをしてみました。

ミニマリストではなくともどこかしら力を抜くと気持ちが楽になります

私の場合はそれが服だった、ってわけです。

では。

 

◆本日の一冊◆

 

▲彼女の世界観を目指したい。 


それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

スポンサーリンク