『心が折れる職場』を読んだ。私がいた場所は”心が折れる職場”だった。

こんにちは、齋藤吐夢です。

心が折れる職場』とは、私が会社勤めをしていた頃に出会いました。

 

「飲み会なし、雑談なしは危険信号」と書かれた帯は、私の心に刺さりました。

 

私がいた場所は、まさに”心が折れる職場”だったのです。

 

 

心が折れる職場

新書裏面には、その本の概要が書かれています。「心が折れる職場」の裏面にはこう書かれています。

 

上司がアドバイス上手、「頭のいい人」が周囲にそろっている、「ホウ・レン・ソウ」が重視されている、論理的思考が重視される、無駄口をきかず効率優先・・・こんな職場こそ、実は心が折れやすい?

 

パワハラ長時間労働だけではない、不調を起こす職場の本当の理由について、数々の実例を知るプロのカウンセラーがひもとく。

 

私は会社勤めをしていた時、人間関係に悩んでいました。そして案の定体調を崩し、休職→退職という流れとなり、現在(在宅ライター)に至ります。

 

決してパワハラ長時間労働を受けた訳ではないのに、なぜ不調を起こしたのか

 

その答えが、この本には載っていました。

 

”心が折れた”体験談

本に書かれた職場の例と、私が会社員時代に体験した内容がほぼ一緒だ!と思ったので(注:読後の主観です)、ここは分かりやすく私の体験談をご紹介します。

 

※とはいえ、結局は”私が”会社勤めに向いていなかっただけなので、一概に「会社が悪い」という話にはもっていきません。ただ、”心が折れる職場”にいて本当に心が折れてしまった代表でもあるので、参考までに。

 

ドライな人間関係

私が配属された部門は、社内でも”優秀”と評価される部署でした。

 

残業が多い傾向にある会社の中でもダントツで帰宅が早く、「報・連・相」のスピード、連携ともに早い部署でありました。

 

しかし、人間関係は非常にドライなものでした。

 

誰ひとり、雑談しません。皆、目の前の仕事”だけ”に集中。他の部門から聞こえるリラックスムード漂う会話をBGMに、全員勤務時間内は一心不乱にパソコンと向き合います。

 

これは決して悪いことではないと思います。これのおかげで、残業がほとんどなかったのですから。

 

質問すらためらわれる空気

しかし、”助け合い”の場面は一切ありませんでした

 

残業時間が一人だけ抜きんでた時も、「残業時間がすごいね」と指摘を受けるだけで終わりです。

 

自分の仕事以外は”完全に”管轄外なのです。

 

何も分からない新入社員や体調不良を訴える方に対してもそうです。子供が熱を出してしまい、どうしても帰らなければならない人からの仕事に対する不満もすごかった。

 

気持ちが分からなくはないです。「なんで私がやらなきゃなんないのさ」と思うこと自体は仕方がない。

 

でも、対応の仕方が逐一冷たかった。

 

新入社員である私の質問も、「質問しろ」と言われたから聞くのに、「仕事の邪魔をするんじゃない」と言わんばかりの顔で返されます。

 

認められても嬉しくない

ある上司は、私がこの人間関係に戸惑ってオドオドしていたことを嫌い、入社して数ヶ月の間はとんでもなく嫌われていました。「報・連・相」への対応もひどかった笑。

 

ある程度時間が経ち、要領が良くなり、仕事をテキパキこなせるようになった時、その彼から

 

「はじめはオドオドしてて”何だよ、こいつ”って嫌いだったけど、今は認めるよ」

 

と言われました。

 

 

 

 

 

何様だよ、お前。

 

少しも嬉しくありません。

 

「慣れ」こそ全てな職場だった

かつ”優秀”と言われている部門ですら、何だか無駄に思えるようなコトが多かったです。特に会議やミーティング。

 

勤務時間の半分以上を会議やミーティングに費やし、その時間帯はフロアに誰もいない状態。膨大な数の資料を”印刷”し、”製本”し、”郵送”する無駄さ(インターネット使えよと思ってました。用意してもどうせ捨てられるのに)

 

バカバカしくないですか?とまでハッキリとは聞きませんでしたが、何らかの愚痴をこぼした時、先輩社員が言ったのは「慣れろ」という一言だけでした。

 

 

 

 

 

「いつか慣れる」

「会社なんてそういうものだ」

「俺の時なんかもっとひどかった」

 

 

 

 

 

 

・・・お前の時など知らんがな。

 

私を育ててくれた会社の人達にとっては、私はまだまだ糞ガキで「大人になれ」と言いたかったのかもしれません。

 

が私は、疑問や改善すべき点を慣れでナアナアにする、思考停止してしまう人達のことを”大人”だなんて思えませんでした。

 

どんな人に読んでほしい本か

一番読んでほしいのは、心が折れる職場で働く社員さんではなく、

 

  • ハラスメントしてしまう側
  • 心が折れる職場を生み出している人

 

です。

 

気がつかないうちに、人の心を折ってしまっている人に渡したい

 

恐らくそういう人達は、自分達が当事者であることに気づきません

 

だからこの本を自発的に取ることはないかもしれません。でも読んでほしい。「人の振り見て我が振り直せ」です。自分が原因じゃないかな?って疑問を抱いてほしい。

 

心を折られてしまったら

もし心が折れる職場で、心を折られてしまったのであれば、「会社」という環境以外でも働き続けることができる事実を知るのも手だと思います。

 

例えば私は、『ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと』という本で「いつでもどこでも働ける仕事」の存在を知りました。

 

 

この本があなたに合う本だとは限りませんが、私は『心が折れる職場』を「ま、ひとつの人生経験だったな」と思えるまで立ち直りました。

 

心が折れる”場所で、わざわざ折れに行かなくてもいいということです

では。

 

◆本日の一冊◆