「しんどい、つらい、疲れた」それを感じることができただけでも偉いじゃないですか。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160916103721p:plain

会社勤めに疲れていた時、「しんどい」「つらい」と検索ワードに打ち込んでは、何か対策法はないかと探していました。

 

私が今回お話したいことは、「しんどい」「つらい」「疲れた」の対策法ではありません

 

ただ私はあなたに言いたい。

 

「しんどい」「つらい」「疲れた」と、それを素直に感じることができただけでも偉いじゃないですかって。

 

 

「しんどい」と思えること

f:id:tomu_saito:20170830145931j:plain

私は「しんどい、つらい、疲れた」と思えることは、まだ良い方なんじゃないかと考えています。

 

というのも私自身、学生時代に双極性障害(旧名称:躁うつ病)に悩まされ、激しいうつ状態になった時、「しんどい」も「疲れた」もなく、ただただ息をしている状態にぞっとしたからです。

 

関連記事:うつ状態がどんな状態か、まだ知らずに済んでいる君へ。”何もかもできない”つらさを教えてあげる。

 

もし、あなたが「あ、今なんかしんどい」とか「つらい」「疲れちゃった」と思えたなら、まずそれだけで「偉い」と言いたい。

 

だって自分自身のつらさや不安に気づけたのだから

 

その先の行動にはいる前に、まずそれは自分で自分を褒めて良い案件だと思う。

 

しんどい時の体験談

私がタイトルのように思えるようになったのは、まずこの負の感情に気づけるようになったから。

 

私が会社勤めをしていた時は(もっと前、やりたいことに励み過ぎた時も)「しんどい、つらい、疲れた」に気づかず突き進み、体も心も壊しました

 

気づけない時が一番怖い

会社員時代は、端から見ればどういう評価をされていたのか分かりませんが、仕事に対して精神的にハイの状態を保ち過ぎて、自宅に帰ると屍のように眠るばかりでした。

 

その頃から夫とは同居していましたが、精神的に疲弊してしまって家事もままならない。夫への関心も湧かない。ただただ”何もできない”状態でいました。

 

これ、本当はめっちゃくちゃ疲れてたし、しんどかったんだと思います。

 

でも世間一般で言う「コレが普通」に馴染み過ぎてしまって気づけなかった。この後やってくる体の不調は、自分で自分の体のSOSに気づけなかったことも原因だと思ってます。

 

薬の服用が増えても

学生時代に双極性障害の診断を受け、薬物療法を行なっていましたが、この時期ぐらいから抗うつ薬の量が増えていきました。

 

また仕事の邪魔になると考え、生理痛や避妊に悩まされないよう低用量ピルも飲み続けていました。

 

薬自体はひとつも悪ではありません。

 

でも薬に頼ってまで、つらいことに気づけず頑張り続ける自分ってどうなのでしょうか。

 

病気の再発疑惑のおかげで

体がSOSを発信し始めていた頃、20歳の時に経験した病気の再発疑惑が浮上しました。

 

この時、「抗うつ薬の量、増やそうかな〜」と考えていました。

 

しかし「もしこのタイミングで薬を増やしたとしても、体の病気が再発していたら、治療後の5年間は何のためにあったんだろう」という疑問が浮かびました。

 

そこで私はやっと、今までしてきたことが”ただの我慢”であり、「しんどい」と思っていたことに気づくことができました。

 

「しんどい」「つらい」は普通のこと

f:id:tomu_saito:20170731103628j:plain

”我慢は美徳”

 

そんな雰囲気がこの世の中、漂っているような気がしてなりません。

 

でも「しんどい」とか「つらい」、「疲れた」って案外普通のことだと思うのです。やせ我慢なんて体に良いワケない。自分に良いワケない

 

心がそう思うということは、体のSOSの可能性もあるし、自分以上に自分の体自身が、自分の体を守ることに必死です。その声に気づけなくなると”突然”具合が悪くなることもあるでしょう。

 

その我慢に意味はある?

「しんどい」という感情に気づいた後、それを我慢すること、それ自身は決して悪いことではないと思ってます。やせ我慢は違うと思うけど、我慢せざるを得ない状況があるのも事実です。

 

例えば私が接客業のアルバイトをしていた時、先輩にも言われた言葉が印象的です。

 

「お客様に、あなたの心境は関係ない」

 

お客様はあなたではなく、サービスを買いにきているのだから、あなたがどんなに憤慨していても、つらいことがあって悲しくてたまらなくても関係ない。我慢して真摯に接客をしなさい、そう言われました。

 

これは私も納得できます。

 

我慢することに”納得できる理由”があります。

 

でも「我慢する理由は何?」って疑問に思うような我慢は、あまり心地いいものではない。「しんどい」と感じた後にやることは、あなたの判断に任せますが、意味のない我慢は避けてほしいと思っています

 

感じたのは偉いと思う

「しんどい、つらい、疲れた」を素直に感じられるのは偉いと思う。

 

人によっては、我慢を選ばず何かを諦めたり、辞めたりすることを「逃げだ!」と評価する人もいると思う。

 

でも、あなたの人生だから、その後どうしたいかあなたが決めればいい。

 

私はそれでも、「しんどい、つらい、疲れた」それを感じることができただけでも偉いじゃないですか。とあなたにまずは言いたい。

では。

 

 ◆本日の一冊◆

脳のクセを把握するのも、ひとつの手段です!