読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の主婦道!第三回『リボベジチャレンジ!』~ものぐさ妻が栽培してみる~

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160914102359p:plain

出典:今日から始める水耕栽培♪ 「キッチン菜園・リボベジ」のススメ | キナリノ

リボベジとは

リボベジとは、リボーン・ベジタブル。 つまり、再生野菜のこと。 普段は捨ててしまうような野菜のヘタの部分や根の部分を利用して水耕栽培することで、また新たな食材として使えるだけでなくエコでもあると人気です。

出典:https://locari.jp/posts/35436

私の実家では、リボベジという言葉が流行る前からリボベジを行っていました。

気づいた時には、母親が料理のために使ったにんじんや大根の切り取った頭の部分を水につけておき、伸びてくるとその葉っぱが食卓にごく自然にあがっていたのです。

我が家は運のいいことに(?)リボベジで収穫できるにんじんや大根の葉っぱももりもり食べてしまう野菜大好き一家だったので、ごくごく自然なこととして楽しんでおりました。

今、旦那さんと二人暮らしの私も、母の知恵を全力で利用して、エコかつ節約にもなるリボベジ生活を送ってみようと考えたわけです!

 

リボベジの魅力

上記にも書きましたが、なんといってもエコかつ節約になるというところではないでしょうか。生ごみの削減にも役立ちますし、もう1回食べ物として楽しめるというのは素敵な特徴かと思います。

生ごみ削減とはいえ、1回きりだから結局捨てるんじゃねえか~!と発言する方もいるかもしれませんが、うん、私個人としては結局捨てる前にもう1回食べられるという食い意地はった考え方でリボベジやってます笑。何回でも使えるもの大好き笑。

後は育てる体験ができるというのも一つですね。

後述しますが、完全なる放置で生えてくるということはないんですよね。きちんと水替えはやらなければなりません。でも、その水替えの度に変化に気づくことができるって楽しくないですか?

 

リボベジしやすい野菜

リボベジは水耕栽培です。

簡単に言うと、水につけておけば生えます笑。

リボベジしやすい野菜としては、代表的なものが2タイプあると考えています。

1つは、にんじん大根といった置き心地に安定感のあるタイプ

もう1つは、かいわれ豆苗のようなぼーぼーに生えてくるタイプです。

紹介が雑ですね笑。

にんじんや大根といったタイプは、頭の部分を水につけることで伸びてくる葉を可食部位とします。にんじんの葉はやわらかいうちに摘み、小麦粉をはたき揚げ物としていただくと美味です!赤ワインのつまみにもなるので、お野菜つまみの一つとして活用してみてください笑。大根の葉は細かくきざみ、ごま油で炒めるとご飯がすすむおかずになります!

かいわれや豆苗も、根の部分を水につけることで伸びてくる部分を可食部位としますが、販売されている時からぼーぼーに生えている可食部位が再び生えてくると考えると興奮しませんか笑?しかも豆苗なんかは100円以下で販売されていることがほとんどですから、とても経済的です。

 

ものぐさ妻の豆苗チャレンジ

f:id:tomu_saito:20160914103831j:plain

とても現実感のある写真を用意してしまい、申し訳ございません笑。

かなり雑な容器に放り込み育てているため、あえて逆光でシルエットのみの登場となりました。我が家のリボーン豆苗です。今は2日目です。

豆苗チャレンジを始めた直後、旦那さんからは「僕は全然生えなかったよ、頑張れ~」とマイナスな応援を受け取ってしまいましたが、2日目にしてにょーんと伸びた1本を発見し大喜びしている次第です。

写真では見えないですが、明日にもにょーんと伸びそうな予備軍たちの姿も確認済みでございます。

 

リボベジを育てるコツはたった2点だけです。

1.直射日光に当てない!

2.1日1回水を替える!

本当にたったこれだけ!即効性があるわけではないので、一夜のうちにぼーぼーになることはありませんが、じわじわと家計の役に立とうと成長している姿を見るのは一つの楽しみになりそうです。食べるけどね笑。

 

問題点(笑)

上記の写真でも数名の方は思ったんじゃないでしょうか。

・・・なんかみずぼらしい、と笑。

ええ、このリボベジの問題点は、サムネイルの写真のように、ライフスタイル系キュレーションサイト「Locari」「iemo」「キナリノ」のようなリボベジの見た目にするにはそれ相応の器や清潔な空間を自身で演出する必要があります!

ミニマリストの方のような何もない素敵な空間に、リボベジが可憐な器で綺麗な葉っぱを広げていれば、とても綺麗な観葉植物のようにめでることもできるのだと思いますが、我が家はそうもいきません。

物が多い私と旦那さん。最近私は物を減らし続けているのですが、その余ったスペースを「ラッキー」とばかりに埋めていく旦那さん。綺麗に飾るスペースが圧倒的に足りない家。リボベジの隙間に合う容器はタッパー。置く場所は電子レンジの上・・・泣。

というわけでエコ<<<節約な見た目になってしまった我が家の豆苗は、恐らく来客の目の届かないところで育ち続け、誰も知らないうちに食卓へあがるのでしょう。

なんだか悲しい!

 

しかしながら、あまりにも簡単にできるので、

即効性を求めないのんびりだけどものぐさなあなたには(失礼)、

ベランダ農園よりハードルは低いかも!

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

では。

 

◆本日の一冊◆

 

 リボベジの教科書を見つけました。

ベランダ野菜を育てたいという人の導入にもおすすめです。

あなたもLet'sリボベジ!

スポンサーリンク