秋の味覚を楽しむレシピ3選!ズボラさんでも簡単で、美味しいものだけ選びました。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160912173204p:plain

秋が大好きです。

蒸し暑い夏が過ぎ去り、過ごしやすい気候の続く秋が私は大好きです。

それはファッションにおいても、景色においても、そして食べ物においても言えることであります!やった!やっと来てくれたね、秋!!!

食欲全開の季節であり、春のように花粉という憎き妨害もないので、美味しいやら食べ物に集中できるやらで最高な季節だと考えています笑。厳しい冬の前だからこそ、体に本能的に刷り込まれているのか食べ過ぎてしまうのが秋!やばし、やばし!

美味しいものを食べるとなれば、まずは調理しなければなりませんね。

 

私はものぐさ女ですから!

自炊生活真っ最中とはいえ、基本的には料理は得意ではありません。気分でやりたい派です笑。義務感はなくなったため、以前より料理は好きになったものの、やりたいときにやりたくて、やりたくないときにはご飯と納豆で足りてしまうのが私です。

だからこそ、今回はそんな同じような心境を抱える女子のために、私のような気分屋、悪く言えば(気分屋も人によっては悪く言われているようなもんか笑)ものぐさズボラな私が、それでも楽しくつくれるレシピを3選ご紹介します。

でも特徴として、これだけは譲れません!

・きちんと調理器具は使います

・基本放置ですが、言い換えればじっくり炒め、じっくり煮、じっくり蒸しです

ズボラ調理だけど放棄じゃないもん!

ここをふまえたうえで楽しんでいただけると幸いです笑。

 

1.きのこのオリーブオイル炒め

f:id:tomu_saito:20160913090831p:plain

出典:https://www.daiei.jp/recipe/index.php/search/detail/20111052

▲目指す見た目はコレ!

 

※2人分ですが、2日連続または冷蔵保存で食べるイメージです。大量につくっておいて保存します。おつまみとしてもよし、パスタの具材としてもよし!

 

◆用意するもの(2人分)

 

・食べたいきのこを沢山!

・オリーブオイル 大体カレースプーン1杯分以上

・にんにく 小さいスプーン1杯~ すでにみじん切りされているやつでも可※1

・鷹の爪 2本くらい※2

・醤油 ひとたらし

・塩 味が足りん!と思ったら入れる程度

 

※1すりおろしよりみじん切りを推奨します!

※2輪っか状よりは、形の残っているもの推奨!見た目がいいからです笑

 

 

  1. たっぷり用意したきのこをひたすらほぐします。調理器具を洗うのがめんどくさい場合には、手で豪快に割りほぐしましょう。いしづきも多少は入ったって気にしないこと!

  2. フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れ、弱火でじっくり香りを 出しましょう。にんにく大好きなら2杯くらい入れてもいいですよ!お酒好きなら意識せずに2杯いれちゃうのかしら。

  3. 1.で用意したきのこを勢いよく投入。中火くらいでしっかり火を通してくたくたにしましょう。この時点でよだれがでるほど美しい見た目になってます。
  4. 仕上げは醤油ひとたらし。醤油を加えることでうまみが凝縮!かつ日本人の舌に馴染み深い味に一瞬で変身します。醤油すげえ!味が足らなかったら塩でととのえたら完成!

 

洗い物はフライパンだけだから楽でしょ笑。

 

2.サツマイモのレモン煮

f:id:tomu_saito:20160913091552p:plain

出典:http://asacokitchen.com/7608

▲目指す見た目はコレ!

 

※デザート感覚なので、夕飯に出すと我が家では煙たがられます笑。でも甘すぎないように調節できるし、さっぱり感とほっこり感が同時に味わえるので、女性におすすめです。

 

◆用意するもの(2人分)

 

・さつまいも 1本

・レモン 1~2個

・砂糖 甘めが好きならどっさり、そうでもないなら味見しつつ。

 

  1. さつまいもを輪切りにし、鍋に敷き詰めてひたひたに水を入れておく
  2. レモンを輪切りにし、鍋に投入
  3. 表面を覆う程度の砂糖を加えたら鍋に火にかける
  4. さつまいもが柔らかくなるまで煮込んだら、味をみて完成

 

本来ならば火にかける際に、キッチンペーパーなどで落としぶたをし、沸騰させたのちに中火でコトコトなど色々あるのですが、私の場合は最初っから弱火~中火でコトコトさせ続けたり最初は強火でガンガンいったりとまちまちです。

砂糖の量もレモンの量も気分で決めます笑。

おいしければいいと思うの笑。

 

3.秋の味覚ぶち込み炊き込みご飯

f:id:tomu_saito:20160913091928p:plain

出典:https://locari.jp/posts/33013

▲目指す見た目はコレ!

 

※好きな物を炊飯器に放り込むだけですから、何入れたっていいんです!

 

◆用意するもの(3合分)

 

・米 3合

・鶏肉 ももでも胸でも好きなものを好きなだけ※1

・人参やタケノコやしめじなど秋の味覚 好きなものを好きなだけ※2

・醤油、酒 カレースプーン2杯分

・みりん カレースプーン1杯半~2杯分※3

・和風だし 記載されている分量分※4

 

※1私は白玉大に切ったのを10個くらい

※2食べやすければ切り方なんてなんでもいい

※3砂糖を入れず、みりんで甘さ調節するので多めです

※4昆布やシイタケをダイレクトにぶち込むのもありです

 

  1. 米を普段通りに炊く準備をする。米をとぎ、分量分水を入れる
  2. 醤油、酒、みりん、だしを1.へぶち込みます
  3. 切った野菜と肉をぶち込みます
  4. 炊くだけ

 

炊き込みご飯は、楽なのにボリューミーで味も失敗しづらいので食べたくなります。秋の味覚関係なくすれば、ツナ缶とキムチでつくった炊き込みご飯もかなり美味しいのでやってみてください。作り方は一緒!ぶち込むだけ!!!

 

大好きなさんまは・・・

秋といえばさんま。さんま、美味しいですよね。

秋の味覚を楽しむレシピに入れなかった理由は簡単。調理が苦手だからです笑。魚さばけないんですよ、練習します。あと洗い物の悩みやお家が狭いためニオイの充満が気になってなかなか手が出せないのです。

さんまに限っては外食、または料理好きな旦那に任せるしかありません。

ズボラさんま料理、探してきますね。

では。

 

追記:今週のお題、頑張ります。

はてなブログを始めてから月日が経ちましたが、今週のお題は積極的にやっていきます!知見が広がるしね!沢山書き続けるぞ~!

 

◆本日の一冊◆

 

 本当は彼女のつくる料理や感性のように、丁寧に丁寧になりたいのですが笑。

 

今週のお題「秋の味覚」