読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「幸せになりたい」なら、自分で”幸せ”の定義を決める以外に方法はない。幸か不幸かは自分が決めればいい。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160905175035p:plain

幸せって何だと思いますか?

「幸せになりたいな~」

そんな台詞を巷で聞いたことはないというものの、心のどこかで皆がそれを願っているのかもしれない。

でも、幸せって一体何なんだろう。

そういえば一般的な定義、要するに辞書的な意味って何なのだろうと調べてみたらこんな風に出てきました。

しあわせ

1.【仕合(わ)せ】《名》まわり合わせ。運。なりゆき。

2.【仕合(わ)せ・幸せ】《名・ダナ》運がよいこと。幸運。幸福。

辞書あるあるですけど、結局本質がつかめないような回答がそこにはありました。

運がよいこと。幸運。幸福。

結局このつかみどころのない言葉の定義は、自分自身で定める他ないのかもしれません。

 

幸せだな~と感じた瞬間があった

今日は銀行のクイックロビーに行き、毎月折版している家賃や光熱費の代金をおろしに、そして通帳記帳をするために午後家を出ました。

そういえば最近、旦那さんは職種がかわりました。かわったことで時間に余裕が出てきたとのことで、家でお昼ご飯を一緒に食べてくれます。

残業だらけだった毎日がガラリと変わり、定時帰宅するようになってからというもの、二人で今後の生き方について語り合う時間が増えました。

さて、そんな新しい毎日の、新しい月曜日だった今日、日中外を散歩がてら歩いている時に、ふと心の中で「幸せだな~」と感じました。

今私自身の社会的視点からみた状況というのはきっと宙ぶらりんで、今の日本が働くことのできる女性に求めていることからすれば、きっと勿体ない生き方をしているのかもしれません。

もっともっと社会に貢献するバリキャリウーマンになりゆる人生があったのかもしれません。

でも今日、日中散歩している時にふと思った「幸せだな~」は、嫌な気持ちを抱えることになってしまった会社員時代には思いつきもしない言葉でした。

通帳記帳して印字された貯金額は決して多くはないけれど、私にはそれを大事に使うことができ、私にとっての”幸せ”に十分な額だと思っているのです。

 

幸せだな~と感じる理由は人それぞれ

バリキャリウーマンが感じる幸せと、私の感じる幸せは全くもって別物で、もちろん私の両親や旦那さん、私のかつての上司や先生方からすれば、私の今は「本当に幸せなの?」状態にうつるのかもしれません。

でも、私は「幸せになりたい」と思うことは全くもってないのです。

だって今、現に私は「幸せだな~」と思えているのだから。

そう、「幸せになりたい」という気持ちはある意味愚問。なりたい、と思っているうちは決してなれないのだと考えています。なりたいんじゃなくて、勝手になってしまえばいいんだ、ただそれだけなのです。

会社員時代、私の上司は言いました。私の今の待遇は恵まれている。他の新入社員と比べてやりたいことはできるし、出張だってたくさん行かせてやる。

私は確かに他の同期に比べ、色んなことを経験させていただきました。それは本当に恵まれていることで、同期に直接いいな~と言われたこともあります。

でもこのことを幸せとは捉えたことはありませんでした。

恵まれていたことには感謝しているけれども、幸せとは別物でした。

結局私にとっての幸せは、「家族との時間を重視すること」だったり、「自分がやりたいことに果敢に挑戦すること」だったのです。「会社の恵まれた待遇」は幸せには値しませんでした。

 

▼”しあわせ”な生活として魅力的なのは私にとってはこの映画だったりします。

 

流れる時間が魅力的な映画なんですよね・・・。

 

幸か不幸かは自分が決めればいい。

幸せか否かは自分で決めるしかないのです。

私からすれば、「幸せになりたい」と言っている人は、言葉悪く言えばほざいている人というのは、「幸せになりたい」という言葉が言いたいだけのチキン野郎なんじゃないかって感じています。

なりたきゃ勝手になればいいのに。

そして大抵そういう人は言うのです。

「いいな。あなたは幸せそうで」

幸せか否かは自分で決めるものです。あなたに言われる筋合いはないのです。そして私があなたに対して言う権利もない。そういうものだと思ってます。幸せか否かなんて。

自分にとって都合のいい考え方、都合のいい幸せでいいじゃないですか。幸せなんて誰かに定められて決まるものじゃないんですよ。だから「幸せになりたい」ならしっかりと自分で”幸せ”の定義を決めてしまいましょう。自分だけの定義を。

では。

 

◆本日の一冊◆

 

 こういう幸せがあるってのもいいよね。

スポンサーリンク