読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休職中ですが、心のリハビリに図書館通いが効きそうです。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160824204537p:plain

図書館はお好きですか?

前回書いた記事『夏休みの宿題といえば、読書感想文。大人になった今こそ読書感想文のすすめ』でも書いたのですが、私は本が好きです。そして図書館が大好きです。

小学生の頃からごく自然に訪れていたのが図書館です。

特に両親から諭されて図書館通いをしていたわけでもないのですが、一人っ子で両親が共働きという環境で、一人で遊ぶために本に没頭していたのかもしれないな、と思うこともあります。それでも私は図書館大好きです!

私にとって図書館の魅力は

・本が好きなだけ読める借りられる

・特有の静けさ

です。”本から漂う紙のにおい””ほんの少しの埃くささ”もたまんないです笑。

最近の図書館はDVDなどの貸し出しも一般的ですし、雑誌なんかもおいてあるんですよね。雰囲気いかにも図書館っぽいもの以外にも、ファッション雑誌が置いてあったりして。今日行った図書館にはメイク雑誌「美的」がありました!

 

心のリハビリに図書館は最適かと。

会社でバリバリ働いた結果、うつ病になってしまった人が休職後、職場復帰のリハビリのために図書館を活用しているという話があります。

matome.naver.jp

 図書館の開館時間が会社の就業時間に似ていることもあるのでしょうか。生活リズムを整える、仕事をするための時間間隔を整えるといった理由で図書館をおすすめしているようですが、実際それ以外にも図書館には疲れた心を癒す空気があると思います。

 

◆静かに本を読むという空間が効く

騒がしい図書館って普通はないですよね笑。

基本的には”図書館内はお静かに”が最低限のルールかと思いますが、図書館にはルールを破るような人をあまり見かけたことがありません。むしろ皆お静かにルールを全力で守っているようなご様子。

静かな空間が全力で苦手な人にとっては拷問かもしれませんが、会社にて怒涛のようにかかってくる電話やイライラした会社内の声にびくついていた私にとっては、静かに本を読むか静かに勉強している人しかいない図書館の空間はリラックスできました。

それに図書館に来ている人の目的が「本を読む」か「借りに来たor返しに来た」などのシンプルなもので構成されているので、変な邪心を感知せずに済むんですよね。

静かに大抵の人が同じ目的に黙々と向き合っている空間というのは、なかなかに心地の良いものです。

 

◆流れる空気がゆっくりなのが効く

上記にもありますが、基本的に皆さん本を読むか勉強しているかなので、流れる空気がゆっくりと感じられます。静けさもあるのでしょうが、図書館内でせかせかしている人は見たことがありません。

流れる空気はゆっくりとはいえ、真剣に本を選んで読み漁っていると閉館時間がくるのはあっという間だったりはするのですが、なんだか有意義な時間の使い方をできているなとしみじみ思うのです。

目的がシンプルだからこそだと思うのですが、様々なタスクを時間に追われながら半泣きでこなしている時間とは全くもって違うんです。

確かにうつ病などを患っていると、仕事のせかせか感などに慣れていて、仕事をしていない自分にものすごく焦りを感じてしまうとは思いますが、そこは一旦そういうものだと受け入れて、図書館の空気に身をゆだねてみてください。

結果的にどちらの方が自分に優しい過ごし方なのかが必然的にわかると思います。

 

◆温故知新的な発見が効く

現代社会ってかなりスピーディーに物事が進んでいると思います。

ですが図書館にある本って言ってしまえばちょっぴり古い本が置いてあったりしますよね。でもそれがかえって良いといいますか。少し旧作の本に、自分を励ます言葉や発見があったりするんですよね。

最近ビジネス書や自己啓発本を読むのが好きですが、正直言って今日行った図書館には真新しいビジネス書は見当たりませんでした。ですが本屋では発掘できないような素朴で優しい内容の「働くこと」についての本を見つけることができました。

私が今求めている働き方がたまたま目に入っただけかもしれませんが、本屋で一週間ごとに新しく出ている新刊を読み漁るだけじゃなくて、図書館の少し古いけど大事にされ続けている本を読むことも大事なことだと考えます。

 

 たとえば上記は今日借りたうちの一冊で、まだしっかり読み切ってはいませんが、会社に勤めてバリバリ働くだけが「働くこと」じゃない。それも立派な「働くこと」だけど好きなことややりたいことを「働く」に変えた人達の、割と肩の力の抜けた本でした。

2005年に発行された本ですが、そこまで古いとは感じません。

 

図書館を活用しよう

本が好きすぎて投資ではなく浪費になりかけたときもあるので、経済的にも図書館を近所に発見したのは、本当に良かったと思っています笑。

今後も図書館活用しよう~。

心のリハビリにもってこいですので、大人も図書館へ行こう!

では。

 

◆本日の一冊◆

 

 小学校高学年の時、読書感想文で読むことを選んだ本です。

当時はノンフィクションにピンとこず、小説や童話ばっかり読んでいたのですが、なぜか突然手にとって読んだ記憶があります。

スポンサーリンク