読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的地のない旅をするときは、心にゆとりが必要だ。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160815183618j:image

千葉県最南端に初めて訪れました。

海はいいなあ〜

 

お盆、いかがお過ごしですか?

夏休み真っ最中、お盆真っ最中ですね。皆さんいかがお過ごしですか?特にお盆に何かをするというイベントを生じさせない私なのですが、今年は夫がお盆真っ最中に夏休みが当たってしまったので、激混み高速道路に巻き込まれつつお盆休みを楽しんでおります。

 

さて、本来であれば長野県の方へ向かい、軽井沢清里奈良井宿で暑さをしのぐ予定だったのですが、

 

夫が仕事道具を忘れたがため、1日目長野県、2日目に帰京笑。

 

なので今は近場の千葉県にいるというわけです。うーん、長野県行きたかった笑。

 

しかしながら、特にこれといった目的もなく、夫の「また長野に戻るのはつらい」という発言に密かに怒った私は笑、夫のドライブに身を任せ、本日も千葉の海でまったりしています。

 

密かに怒ったと言いつつ、これだけは言わせて。

 

千葉の海は超良い。

f:id:tomu_saito:20160816132132j:image

 

目的地のない旅に必要なもの

これといった目的地を定めない旅をするときには以下の3つが必要だな、とつくづく思いました。

 

1.眠気覚しにお菓子

今回の旅で、私達は常に口に何かを入れています。運転手である夫は特に、きちんと眠気を生じる人物なので(危ない)、助手席の私の仕事は彼の求めるお菓子をひたすら手渡し続けることです笑。

今回旅をしてみて優秀だったお菓子とそうでないお菓子を私的に分けてみると、

 

優秀

f:id:tomu_saito:20160816133115j:image

これが断トツでおすすめです。

食べ過ぎると、アミノ酸の旨みで舌がぶっ壊れますが、正直求めずにはいられなくなります。

噛み続けなければならないため、頭が冴えるのかな。

 

そうでもなかった

 

ミントガムは、彼が慣れ親しんでいるお菓子だからか、旅先で食べるドキドキが生まれないようで手渡し率が非常に低かったです。

じゃがりこは美味しかったのですが、いか足の中毒性には勝てず、そうでもなかったリストいり。

 

普段滅多にお菓子は口にしないのですが、旅の特別感ですよね。遠足のおやつが思い出されます。

結構な量を食べてしまうかと思いますので、そこだけ要注意!

 

2.ドライブには音楽必須

私達は基本的に旅する時は、ドライブがメインなのですが、目的地のない旅をするドライブには、音楽必須だと考えています。

車内は閉鎖的な環境。

閉鎖的と書くと言葉の雰囲気から息苦しいイメージがつきまといますが、逆に考えれば私達しかそこにいないという環境!

2人の大好きな音楽を流して体を揺らして、大声出して歌いながらドライブしたって誰も何も言いません笑!!!

 

今回の旅で登場した主なアーティストは、

でした。

 

基本的には彼の趣味のテクノやファンクミュージックメインで、iPhoneのミュージックでおすすめされる音楽が大体マイケルかダフトパンクなんですよね笑。

ただこの2人はドライブに合う!!!

曲がりくねった山道も、海辺の道も彼らのリズムやスピード感がとっても合うのです。

水曜日のカンパネラも同様ッ。

水曜日のカンパネラはUMAというアルバムが個人的にはドライブにおすすめです。

 

3.心にゆとりが必要です

目的がないため、例えば遊びたいな、宿を探さないとな、と思い立った時、何が起きるか全くもって分かりません。

私達の場合、時期も時期ですから宿探しには苦労しました。

海近くの宿は決まって満室。

おそらく空室があったとしても、対応しきれないのだろうな、という印象もありました。私達は断られ慣れをしたので、心が強くなりました。

ただ、元々宿を定めずに旅を始めたのは私達ですから、心にゆとりを持たなければなりません。焦ったってどうにもならないのです。

 

「宿が決まらないねー、まぁ、仕方がないか」

 

くらいの精神的ゆとりがないと、無駄なイライラで喧嘩が始まるかもしれません。決まったらラッキーくらいがちょうどいいところ。

 

台風なうですが、

今も千葉にいるわけですが、台風接近してますね。先ほどモロに土砂降り雨を喰らいました笑。台風の中のドライブは初体験なので、思いっきり楽しもうと思います笑。

では。

 

◆本日の一冊◆

 

自分の仕事をつくる旅

自分の仕事をつくる旅

 

 この本は目的のはっきりした旅がしたい人向けなので、今回の記事の真逆を行く本なのですが笑、真剣に旅しながら仕事をしたい人にとってはバイブルになるといっても過言ではないでしょう!

 

 

 

スポンサーリンク