500円玉貯金の使い道!目に見える貯金が楽しくて仕方がない!!

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160812220106j:plain

8月に始めたばかりだけど、もうすでに7,000円たまってるよ!

 

お金大好き!!

稼ぎが少なくなった状態とはいえ、お金は大好きです。

稼ぎは少なくなったけれど、クラウドワークスで自分の書いている文章がダイレクトにお金に替わる瞬間というのは、本当に幸せです。やりがいもあるしね。

お金に後ろめたい気持ちは生じさせないようにしています。時々もちろん外食や買い物なんかで、しょーもないもの買ってしまったー!と後悔することがないわけではないですが、自分とお金を責め続けても何もならないのでね。その時の自分の感情を受け入れて勉強代として考えています。

500円玉貯金始めました。

大きなお金を使う目的がないのですが、将来への不安がないわけではないビビりな私。隠し貯金があるとはいえ、有限なものですから、稼がねば~!と思うのは当たり前。その思いを奮い立たせる何かないかな・・・と思った時に思い立ったが、目に見える貯金代表”500円玉貯金”でした。

なぜ500円玉か。

1.貯金の意欲のわくちょうどいい大きさ

500円玉って他の硬貨に比べて大きくて、額の大きさを主張していますよね。この大きさ、工夫されたデザインが、集めるにはちょうどいい大きさだな、と思っています。100円以下だと細かすぎて、たまる様子を見るには少し細々しすぎているように感じるし、札だと薄いとはいえその大きさが手軽ではないし、貯まってきて厚みが出てくると、急にお金貯まったリアルな感じで手軽に使ってしまいそうなんですよね。

500円玉はそのへんが、絶妙な大きさだと思うんです。

財布の中にあっても主張する適度な大きさだからこそ、貯金のためにとっておこうという発想につながりやすいと考えています。

2.計算がしやすい

私貯金の楽しみの一つは、貯金額を数えることだと思っています。

何円貯まったかな~って確認して、ニヒニヒするのが最高に楽しいんですよね。そんな時、札束ってのは数えやすいんですが、上記にも挙げたとおり、お金貯まったリアルな感じが出ちゃうんですよね、札束数えると。

小指と薬指でお札挟んで、残りの指を使ってお金を数える行為(接客業の人の得意技なのでは?)は大のお気に入りな動きではありますが、見える貯金に必要なのはまめまめしい感じだと思います。だからこそ、小銭を数えたい!

そして額が計算しやすい500円玉が良い!

100は数えやすいですが、1~10まで数えるよりは、500円玉で×500の単位の方が楽だし、小銭の枚数少ないのに額が多いなんてなんか得した気分に錯覚できるじゃないですか笑。冒頭の7,000円も額的には大きい方ですが、500円玉換算だとたった14枚!

3.インテリアとしても最適笑

独特の金色が意外と部屋の飾りとしても映えるのですよ笑。

人によりけりだとは思いますが、銀色硬貨の100円玉を飾るよりは、お金を貯めている生々しさがないと思うのですよね。

あと中身が見える貯金箱がおすすめです。

やっぱり中身が見えたほうが、ワクワクがあるように感じるのです。私の場合は目的なしでとりあえず貯まるといいな!って思ったので小さめの小瓶に入れています。

冒頭の写真がそれ^_^

 

来年の結婚記念日に

解禁しようかな、と思います。

ちょっと良いご飯を食べに行くためなら、軽く貯めることができるでしょう!

美味しいご飯が大好きな二人なので、

この目的が結局のところベストなんじゃないかな。

 

目的があると、お金を貯金したり投資したりするのが楽しくなるよね!

これからもお金について楽しみながら接するぞ!

では。

  

◆本日の一冊◆

 

 次の段階はこれですね^^

お金についてもっともっと知りたいな!