読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休みの宿題といえば、読書感想文。大人になった今こそ読書感想文のすすめ。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160812211032p:plain

読書感想文は書きたいことがまとまらなくて超絶下手でした笑。

 

夏休みの宿題といえば?

夏休み、響きがいいですね。

大きくなってしまった今では、「夏休み?何それ美味しいの?」っていう人もいれば、「夏休み?毎日がお休みだよ!」という人もいるかと思いますが、やはりなつかしさで胸がいっぱいになるワードの一つかと思います。夏休み。

宿題がいっぱいでて、それを最終日にひいひい言いながらやる友人がいたり、一番最初の日に全て終わらす猛者がいたりして、その人の性格が丸わかりな道具だったようにも思えます。

私は夏休みの宿題といえば、”読書感想文”が思い出されます。

学校の指定図書があったり、自分で好きな本を選んだり、涼しい図書館で何を読もうかワクワクしていたことを覚えています。私は動物が好きだったので、小3~4の時は『シートン動物記』を読み漁ってましたね。「狼王ロボ (シートン動物記)」を何度繰り返し読んだことか。

読書感想文で気合出して読んだのは、『最後のトキ ニッポニア・ニッポン―トキ保護にかけた人びとの記録 (ノンフィクション 知られざる世界)』です。今考えるとなかなかに渋いチョイスですね笑。名前は忘れてしまいましたが、”蚊”の本も読みました。

 

今こそ読書感想文を。

今日本屋さんに行って、久しぶりにじっくり小説・随筆コーナーを回ったのですが、推薦図書を手にとった時に、夏休みの感覚が思い出されました。

確かに読書感想文という文化に対しては疑問を抱いていた時期もありました。

読書感想文で優秀賞をとるための技術が伝授されるという今日、そんなものを小学生や中学生に書かせて、自由な文体を崩壊さす気か!と憤慨したこともありました。

しかし、自分が感動した作品を人に伝えるという媒体としては、読書感想文は大人になった今こそ役に立つのでは?!と思っています。

 

1.まず本を選ぶ段階で、気持ちがワクワクする

本屋さんや図書館で、読みたいものを探すときってワクワクしませんか?

ワクワクとまでポジティブにとらえられなかったとしても、~したいもの、ことが達成できたとき、発見できたときは少なからず気分が高揚するかと思います。そしてその感覚は決して気分の悪いものではないと思います。

今の世の中、情報だらけで疲れることが多々あると思います。でも本を探す行為は、本を探すという行為一点に集中できますよね。背表紙やデザインだけで魅かれることもあります。口コミや推薦文で興味を抱く本もあるかと思います。

「あ、これ面白そう」「読んでみたい」

そう思って本を手にとる行為自体に、現代社会人を癒す何かがあると思えて仕方ないのです。

2.本をじっくり読む=時間の贅沢な使い方ができる

本をじっくり読むという行為には、時間を使わなければなりません。

せわしない今の世の中、何もかも「~しながら」な状態に陥りやすいのではと思います。ですが、読書感想文を書くための本は、できるならばじっくり読み込みたい。感想文を書くという行為にたどり着くためには、自分がその本の内容をしっかり読み込み理解しなければならないかと。

そして、そのためにじっくり読むということは、時間を贅沢使いすることとなります。

これをもったいないと思いますか?私はそうは思いません。むしろ心にゆとりがうまれると思うのです。ブルーライトがまぶしい、情報をたくさん詰め込んだパソコンやスマホからいったん離れて、紙媒体に目を向ける時間は、心に余裕をもたせてくれるはずです。

3.感想文を書くことで、想いを伝える

読書感想文はコミュニケーション能力の強化になる道具だと思います。

その人が本当に感動したのだということが伝われば、その文を読んだ人もその本に興味をもって手にとってくれるかもしれません。それが連なったとき、読んだ人同士で想いを共有できるかもしれません。

どうしたら、想いが伝わるのかの練習にもなります。

もちろん正解はありませんが、学校ではないので文字数も、書き方も自由。学校も本来は読書感想文に正解など求めないとは思いますが。140字でもじゅうぶん伝わります。4万字書いたって誰も文句はいいません。「マジやべえ」だけでも伝わるかもしれませんし、「隠喩表現がものの見事に・・・」といったしっかりした文体の論評をしたっていい。

でも確実に伝えるための練習になる。

子どもだけじゃなく、大人のためにもなるのが読書感想文だと思っています。

 

私が読んでみたい本

私が8月終わりまでに読んでみたい本を3つ選んでみました。

お盆休みが終わったら、図書館と本屋に駆け込む予定です。

 

↓洋書コーナーでジャケットに魅かれた本の一つ。

  課題図書として推薦されている名作だそうですね。

 ↓同性愛について興味があります。

 私自身はストレートですが、セクシュアルマイノリティへの理解を深めたいのです。

 ↓堀江さんの話題になる書籍に興味があるのに、読めたことがないので。

   タイトルが衝撃的なので、今ある常識をぶっ壊してくれると信じて。

 このブログ内で、読書感想文を書くことが目標です。

8月31日までにできなきゃ格好悪いぞ、私・・・!

がんばらねば笑。

では

 

◆本日の一冊◆

 

 私の青春時代、夏休みといえば乙一さんの本とともにあり。

ZOOはオムニバス作品集で、それぞれ時代背景も風景も全然違うので飽きることがありません。どれも悲しくて、美しくて、奇っ怪で、残酷。心にいちいち小さなとげを刺してくるので、なんだか共犯者にでもなったような気分です。

大好き。

 

スポンサーリンク