人とのつながりを極端に避けたっていいじゃないか。その逆があってもいいじゃないか。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160811154915p:plain

最近は調子がよくなってきましたが、会社で一緒に働いていた人に似ている人を見かけるだけで心臓がバクバクして苦しくなる齋藤吐夢です、こんにちは。こんな状況が続いておりますので、最近は人と関わる時間が極端に減っています。

けれども、人とのつながりが極端に少なくたって、逆に人とつながりまくりの人がいたって別に構わないじゃないか、と思えるようになりました。

昔は、人と関わらない時間に対してすごく後悔していたんですよね。もっと関わるべきなんじゃないか、と。Facebookや元気に活躍している同年代の人を見ると、自分の中の自分が「お前なんか全然だめじゃん」と責めたててきました。

人は思ったほど他人に興味ないのだから

けれども、そのように悩みを抱えるたびに、私の大好きだった先輩は言いました。「お前が思っている以上に、お前に興味のある人なんていない」。この言葉を初めて聞いた時には、まだ今よりも自意識過剰で、結局悩んでいる自分が好きなめんどくさいタイプのナルシシストだったので、深く傷つきました。

今でももちろん私は「認められたい」欲があります。

誰かに私の存在を気づいてほしいと思っています。

けれども、結局人は思ったほどに他人に興味がないもの裏を返せばそれだけ皆自分に夢中だってことです。なので、開き直ってしまえばこちらのもの。楽ちんな世界が待っていました。

今日のできごと

全くもって人とのつながりがなくなり、完全な引きこもりになるのは、私にとって身体に悪そうだと思っています。なので、今日は午前中涼しかったので、外へ出てパソコンをいじっていました。

けれども、イートインコーナーの一区画の電波状況が極端に悪い上、日が出てきて暑い。おまけにお昼になると当たり前ですが、お昼時間を過ごす方でお店はいっぱいに。

私は厄介なことに、一度音を拾ってしまうとずっと聞こえ続けてしまうので、人の話し声に飲まれてイライラしそうになりました。が。悪い人などここに誰もいません。イライラするのはナンセンス。私がお店を出ればいいだけですので、ひとまず退散したのでした。

相手にどうこうよりも自分にどうこうした方が断然早い

何かを変えたければ、他人を変えるのではなくて、自分が変わってしまった方が断然早いですよね。自分が自分を一番分かっているはずなので、他人を変えるよりも簡単なはず。上記の出来事も他人にイライラして、出ていけ~と思うくらいなら、自分が出て行って別の場所を探すなりした方が早いってことです。

たまにいるんですよね。

自分を頑なに変えず、他人の思考や嗜好を自分よりに変えようと強要しようとする人が。それは傲慢だと思うのです。というか、自分と真逆な人はまた新しい発見・考え方として、自分と真逆のままにしておいた方が面白いと思うのですが、どうでしょうか。

人とのつながりを避ける生活

今まで人とのつながりを結ばなければ!と必死になっていた私にとって、どうでもいい会話や飲み会、LINEはつらかったのかもしれません。今自宅に引きこもって文章を書いている毎日を過ごしていますが、とても楽です。

眼精疲労的な観点からすれば、一日中ずっと目を酷使しているので、目に特化すれば猛烈に不健康な生活かもしれませんが、Ccで送られてくるどうでもいいメールの対応や夜中にまで発展するグループLINE、私にとって何の意味ももたない飲み会に参加しないでいいのは本当に楽です。

LINEもほとんどを通知オフにしていますから、気づくのは夜遅くだったり翌日だったりしますが、オンタイムで気づかずに済むのは、なかなかに楽なものです。友人のやりとりを一人参加せずに見ることの方が私にとっては楽しかったりもするのです。

上記みたいなことができるのは

あと、感謝しなければならないのは私の同期や友人ですね。私がグループに入っているにも関わらず、いわゆる既読スルーを決めても無反応でいてくれるのはありがたい。何も言わず退会しても全く問題ない存在として放っておいてくれているのだと思います。

そして私自身もハブられて外されていても別に大丈夫というスタンスがあるからこそ、何も気にならないのだと思います。

私が信頼している友人は、すでに”齋藤は行けたら行くっていったら来ない”ということを知っているので、返信を3日後にしようと、実際に行けたら行くっていって行かないをやってしまったとしても、全く動揺しません。感謝感謝。

 

そして本当に毎回すみません

 

 

結論。

無理やりつながる必要もないし、無理やり避ける必要もない

f:id:tomu_saito:20160811163423p:plain

本来人間関係なんて、こんな感じの曖昧なもんだと思っています。

むしろそうじゃなかったら、苦しすぎて死んじゃう。

極端に友達が少なくても、やたらめったらいてもいいじゃん。

その人がよければ。

今、私はブログをやり始めて、「ああ、この人面白いな」「会ってみたいな」と思う人がたくさんいるんですが、実際に会うまでに至らないのは、私の気分じゃないから。実際日によって気分が変動する私にとって、人と会う約束ほどリスキーなものはなくて、

「よっしゃ!今日は調子いいわ、会おう!!」

みたいなことは初めて会う人に失礼だし、できないので、しばらくは人とつきあうのは避けようと思っています。少しでも安定して、約束時と当日の気分変動が起きないようになったら必ず会いたい人なのだけれど。

自分のめんどくさい症状を認めるためにも、こういう考えに至ったのでした。

人とのつながりを極端に避けたっていいじゃないか。

そして、私みたいな人じゃないのなら、その逆があってもいいじゃないか。

 

人間関係って難しいね。

では。

 

◆本日の一冊◆

 

 色んなものをそぎ落とすと、見えてくるものがあるよね。

人間関係の章が面白いです。

無理やりつながろうとする必要はないってこったね。