肌の負担を考えたオーガニックベースメイク3選!肌をいたわりながら、キレイになれる3つのコスメとは

スポンサーリンク

 

こんにちは、齋藤吐夢です。

 

私はお化粧が苦手です。苦手な理由は3つあって、まず化粧品が肌にのった時の質感が苦手。それからすっぴん状態のラクな感じが好き、最後に自分に合ったお化粧が分からない、この3つです。

 

でも、お化粧をしなければならない場面というのは、存在します。冠婚葬祭の場面で、顔だけすっぴんという訳にはいかないので、化粧品はいくつか持っていますが、厳選したものを使っています。

 

それが、肌への負担を考えたオーガニックのベースメイクコスメです。

 

目次

 

今回紹介するコスメについて

選択の幅が広がった世の中で、オーガニック系・ナチュラル系といったキーワードを耳にする人も少なくないでしょう。ざっくりと説明すれば、自然由来の、天然素材だけを用いた食品や化粧品、日用雑貨を指しています。

 

日本のオーガニック認証で有名なのは、食品に関わる”有機JAS”ですね。

 

ただ今回私が紹介するのは、あくまでも肌への負担を軽減するために考えられたオーガニックコスメです。たまたまオーガニックだっただけです。

 

そう、読んでいる人に気をつけてほしいのは、安易に「オーガニック=肌に良い」と考えてほしくないということ。オーガニックだから肌に良い、という訳ではありません。化学性だろうが何だろうが、合う・合わないはあります。

 

”肌負担が少ない”も大事ですが、軽いつけ心地や質感を重視して選びました。その点はご了承ください。

 

ベアミネラル

f:id:tomu_saito:20170718093747j:plain

私が使っているのは、ベアミネラルから販売されているジェル状ファンデーションです。下に特徴をまとめておきますね。

 

少量で伸びが良い

付け心地が軽い

薄付きなのにカバー力がある

カバー力はあるが自然に見せてくれる

 

f:id:tomu_saito:20170718094459j:plain

普段ベースメイクを施す時には、もう少し量を出しますが、もしコンシーラー代わりに使うのであれば、この量でも十分くすみやクマをカバーできると考えています。

 

一番始めの写真に載っている、専用のブラシで伸ばせば、ますます自然な仕上がりになります。

 

  1. 手の甲に米粒より少し多めにファンデーションを出す
  2. 反対の手の中指で鼻の付け根から頬にかけてトントンとクリームを置く
  3. 専用のブラシで伸ばしていく

 

f:id:tomu_saito:20170718094807j:plain

軽く伸ばした状態でも、広範囲にカバーできます。もっともっと自然になじませたい場合には、ここから指先で軽くぽんぽんとはたくように伸ばせば、とてもナチュラルな仕上がりに。

 

f:id:tomu_saito:20170718094942j:plain

分かりにくいかもしれませんが、なじませた後です笑。

 

「健康を維持するために欠かせないミネラルは、健やかな肌を保つためにも必要。」このシンプルな事実をまっすぐに信じ、1976年、私たちは厳選された5種類の鉱石のミネラルだけで健やかな美しい肌へ導く、革新的なファンデーションを完成させました。

これは「何を入れるか」ではなく、「何を入れないか」にこだわる・・・、ベアミネラルの製品開発フィロソフィー誕生の瞬間でもありました。

引用元:ミネラルへのこだわり | ミネラルファンデーションのベアミネラル

 

ベアミネラルの「何を入れないか」にこだわった姿勢は、化粧品の質感が重く感じる私のような人にとっては、とてもありがたい理念です。

 

ちなみにコスパも最強だと思っています。だって、米粒くらいの量で顔全体をカバーできるんですよ?!紫外線防止のSPF30で、外出時の強い味方!

 

 

オンリーミネラル

f:id:tomu_saito:20170718095421j:plain

つけたまま眠れるファンデーション、というキャッチコピーがあります。→つけたまま眠れるファンデ実感セット

 

つけ心地が非常に軽く、パウダーファンデーションの部類には入りますが、お粉の感覚で使用できるベースメイクです。

 

ベアミネラルに比べると、かなり軽い質感のため、私とは違って「化粧はちゃんと楽しみたい!」という人には仕上げにはたくルースパウダーの感覚で使うことをおすすめします。

 

使い方をご紹介します。

 

  1. ファンデーション本体を逆さにして、フタに適量パウダーを落とす
  2. フタを開け、フタについたパウダーをブラシでくるくるしながら取る
  3. そのブラシで顔にクルクルとのせる

 

f:id:tomu_saito:20170718095650j:plain

ちょうどこんな感じ。

 

私が愛用しているのはお試しサイズなので、かなり小型ですが、標準サイズはもっと大きめです。ただ1点難点があるとすれば、舞った粉を吸うと100%むせます笑。害はないですが、絶対にむせます!気を付けてね!

 

 

 

rms beauty

f:id:tomu_saito:20170718095943j:plain

【rms beauty アールエムエス ビューティー】 はNY発のオーガニックブランドです。

ファッション・メイク業界で長年働いてきた創設者が、メイク用品による肌荒れに悩まされたことがきっかけで開発されたブランド。少々価格が高いので、気軽に手を出すのがためらわれるかもしれませんが、満足度は圧倒的に違います。

 

価格の部分を赤裸々に話すと、手のひらにも満たないサイズで4,980円です。オーガニックコスメを愛用している人でも、価格だけ見て即決!ということはないのではないでしょうか笑。

 

ただ、実際に体験してみるとその艶感に心惹かれてしまうこと間違いなしです!

 

f:id:tomu_saito:20170718100255j:plain

私が愛用しているのは、少しゴールドかかったクリームアイシャドウです。まぶたに色がのる、というよりは”光”がのるといった印象になります。

 

f:id:tomu_saito:20170718100433j:plain

親指と人差し指の付け根のへこみにおいてみました。どうでしょう、艶が分かりますか?目元に置くと、視線を下げた時や日光の下で艶が効果を発揮します!

 

目元の印象ががらりと変わるコスメ、ではありませんが、ナチュラルなメイクがお好きならおすすめ。

 

ベースメイクだけでなく、ポイントメイクにも最適なカラーバリエーションで、チークやリップ用に販売されているものもあります。

 

 

 

 

肌をいたわりながら楽しもう!

肌に合う、合わないは人それぞれですが、私はこの3つさえあれば、どんなに普段ずぼらでも、冠婚葬祭の時にシャンとしたメイクができます笑。しかも肌が気持ち悪くならない。これって結構優秀なコスメだと思うんです。

 

ただ冒頭でも紹介しましたが、オーガニックベースメイクが自分の肌に合うかどうか確認することも重要です。まずは試供品やサンプルサイズから使い始めてみてくださいね

では。

 

◆本日の一冊◆

オーガニックコスメが良い!と説得力のある本がコレ