読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の主婦道!第一回『重曹大活躍』~ものぐさ妻の活用法3点~

こんにちは、齋藤吐夢です。

 

 ▲第一回のテーマは『重曹』です。

 

私の主婦道!

最近これ得意分野かもしれない・・・と思い始めたことがあります。

それは家事です。

朝起きてまずは布団をきれいにかけなおし、晴れていれば洗濯機を回して律儀に干します。前日に溜まっていた食器もきれいに洗い、シンクをピカピカに。夫がたまにお昼を食べに帰ってくるので時々昼食の準備をし、思い立ったら片づけをしたり、そしてまた夕ご飯にとりかかったりして一日を終えます。

 

クラウドワークスライティングをメインに活動しており、微々たるものですが収益も出始めた昨今。

その合間合間にやる家事が苦ではないどころか、効率よくできていることに気づき始めた私は(自画自賛しはじめた私は笑)、本格的に主婦道を極めよう!と考え始めました。

 

主婦ってすごく優秀な人材じゃん!と感動している今日この頃であります。

主婦の定義って何だろうと調べてみたのですが、

主婦(しゅふ 英:Housewife あるいは Homemaker)は、一般に家事育児を主にする既婚(もしくは内縁)の女性をいう。

近年では専業主婦兼業主婦などの語もみられる。現代では、主婦は必ずしも家庭内役割のみを担っているわけではなく、フルタイムで管理職として働く女性も含まれるが、「男は賃金労働、女は家事・育児」とする、身体機能(出産・授乳)から派生した性役割分担に期待された家庭内役割の責任を負い、実際に遂行する女性を表すことが多い。

 家事・育児を主にする既婚の女性を指す、なるほど。ではもう既婚の女性は大抵主婦なわけだ・・・。じゃあもう私ほぼ立派な主婦じゃん!やったあ!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

そう、主婦はある意味家庭のプロフェッショナル・・・。

専業だろうが、兼業だろうが、昔ながらの奥様像だろうが、ワーママだろうが、

家庭におけるプロフェッショナルなのです。

 

ほんの少し前、不快に思った言葉「主婦は働かねえ」。

とんでもない、主婦が働くか否かなんて愚問。

もう立派な家庭のプロにそんな質問は愚問なのです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

そんな私がプロフェッショナルな主婦になるための企画『私の主婦道!』

第一回は、主婦の相棒『重曹』について書いていきます。

 

重曹について

重曹

名前だけ知っていてもよくわからない存在でした笑。

「そんなもの世の中にはたくさんあるよね!」ということで、

今更ながら重曹について調べてみました。

 

炭酸水素ナトリウム(たんさんすいそナトリウム、sodium hydrogen carbonate)、別名重炭酸ナトリウム(じゅうたんさんナトリウム、sodium bicarbonate。重炭酸ソーダ、略して重曹とも)は、化学式 NaHCO3で表わされる、ナトリウム炭酸水素塩である。常温で白色の粉末状である。水溶液のpHアルカリ性を示すものの、フェノールフタレインを加えても変色しない程度の弱い塩基性である。水には少し溶解し、メタノールにも僅かに溶解するものの、エタノールには不溶。具体的には、水 (0 °C) 100 g につき 6.9 g、水 (20 °C) 100 g につき 9.6 g、メタノール (25 °C) 100 g につき 0.8 g 溶解する。

炭酸水素ナトリウム - Wikipedia

化学ですね笑。

本名「炭酸水素ナトリウム」は、「重曹」の他に「ベーキングパウダー」とかいう名前も持ってますね。ベーキングパウダーという名前のほうが親しみやすくてなんかいいよね。

 

重曹活用法3選 

ここからは実際に私がやっている重曹』の活用法を3つご紹介します。

1.脱臭効果!生ごみに直接かける

f:id:tomu_saito:20160721164806p:plain

出典:http://www.irasutoya.com/2014/08/blog-post_754.html

 

生ごみって猛烈なにおいがしますよね。生ごみ生み出してるのは紛れもなく私達なんですけれども、どうしても食べものを食べると発生する生ごみ、そしてにおい・・・。特に夏なんかは湿気や温度でにおいが倍増しているんじゃないでしょーか。

 

そんな時に活躍するのが重曹です。

 

(生ごみがくっせえな・・・)という日は、

スプーン一杯分の重曹を生ごみの上から直接ふりかけます

かけるだけだからとあなどるなかれ。

 

食べ物が腐敗して発生するにおいはほとんどが酸性です。

一方で重曹アルカリ性

アルカリ性重曹が酸性のにおいのもとにふりかかることでにおいが中和されるのです。

 

また重曹自体が生ごみの水気を吸い、

かつアルカリ性重曹によってpHがあがることによって、

におい発生原因である雑菌が発生しにくくなるのだとか。

 

三角コーナーにネットをかぶせる前に、三角コーナー自身に重曹ふりかけることでも、雑菌の繁殖予防になるのです。

 

私はもともと微生物を研究しており、生育しづらい環境にいる微生物がどれだけ苦しむかを知っているので笑、毎回重曹をかけるたびに「苦しめ~苦しめ~」と雑菌たちをいたぶって楽しんでおります。

 

2.排水溝のぬめり取りにも!

雑菌をいたぶることで有名な(?)重曹ですから、排水溝のぬめり取りにも一役買ってくれます。そしてここではより効果を発揮するために、一般家庭にある調味料とタッグを組みます。

 

タッグを組むその相棒とは、そう、です!

 

そしてこの相棒と一緒にぬめりをとるときには、見るのが楽しい反応つきなので、ぜひ一度やってみてください。

  1. 重曹をたっぷりと、これでもかと排水溝にかけてください
  2. その上からお酢をかけてください
  3. 30分程度放置したら、お湯かお水で綺麗さっぱり流してください

これだけ!

 

ほんと、ものぐさな私にはとても楽で助かりますし、ぬめりをわざわざ触る必要もないし、最高です。2.のお酢をかける際に、見るのが楽しい反応が起こります。それは、シュワシュワ・・・という反応です!

シュワシュワという反応をじっと見ていると、「ああ、今雑菌たちが重曹とお酢の襲来に苦しんでいるのだろうな・・・」と楽しくなります笑。

ただお酢を入れ過ぎると酸性とアルカリ性が中和してしまうので、お酢の量はちょっぴりで大丈夫です

あのぬめりもにおいも、やっぱり雑菌のせいですから。

雑菌、殺しましょう・・・!

 

3.洗濯するにも重曹。汚れは落ちるぜ!

f:id:tomu_saito:20160721165932p:plain

出典:http://www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_1807.html

 

洗濯用洗剤にあまりこだわりはありません。しかし私の知り合いに、子供のために安全なオーガニック商品に洗濯用洗剤からなにから切り替えた人がいます。

 

確かに子供は大人と違って、耐性もそんなについてないだろうし、その割にはぽいぽい口に入れるだろうし・・・と思うと、その考え方も一理あるな、と思ってます。

 

とはいえ、オーガニック商品って高くないですか?!オーガニックにこだわって貧乏はやだわよ!というケチな私の手には100均で購入した国産の重曹が・・・。

 

私(これでよくない・・・?)

 

実際私の購入した重曹は、”洗濯や汚れ落とし用”とあるので、口にいれても安全かと言われるとその保障はありません。

しかしベーキングパウダーとして食品にも加えることのできる重曹を使って洗濯したら、安全だし汚れとれるし、最高じゃん!

 

正直、頑固な汚れ(泥とか年季の入った汗シミとかそういうの)などは重曹だけではどうしても取れないです。

でも普段の生活でついてしまった微量な汗やよごれならスプーン1杯(私は気分で2杯入れるときもありますが)ぐらいで全然綺麗になります。

また生渇きのにおい防止にも役立ちます。

 

私(なにこの優秀さ・・・。)

 

100均で買えるっていいよね。

 

100均でも売ってます。

私の近所の某100均では、ひっそりと販売されていて探すのに時間はかかりましたが笑。

では。

 

◆本日の一冊◆

 

彼こそ主婦マインドの持ち主かもしれない・・・。

 

お題「100均で買ってよかったもの」

 

スポンサーリンク