読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害Ⅱ型と診断された私が、毎日を過ごしやすい理由

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160706202402p:plain

出典:無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

 

 

かつての私は自分の心のアップダウンに苦しんだ

今でこそ、自分自身でも「双極性障害」という名前で受け入れ、

旦那や両親、友人からの理解も得られているからこそ

徐々に過ごしやすい毎日になってきていますが、

ほんの少し前までは、なんで私はこうなんだろう・・・と自分を責める毎日でした。

 

今でも心の波がおさまっているワケではありません。

けれど、自分で自分の症状を理解し、受け入れたからこそ、毎日が苦ではないんです。

今日はある出来事をきっかけにこの内容をお届けすることに決めました。

もし同じように苦しんだり悩んでいる人が

これを読んで少しでもラクになれたらな、と思います。

 

結論としては、ただ自分を素直に受け入れることに決めただけ

自分がどうしてこの結論に至ったかの過程を詳細に書いていくつもりですが、

結論としては、私が今毎日を過ごしやすいのは、

自分を素直に受け入れることを決めただけなんです。

 

私が双極性障害と診断されて、感情に波があるということも、

私がかつて血液のがんになったという過去も、

演劇が大好きで、本当は今でも演劇をやってみたいということも、

全部受け入れただけ。

 

そうなるまでの長い過程を今日は書かせていただきます。

 

診断される前までの生活

今となって振り返ると、もともと私は感情的な子供でした。

といっても、かなり内向的な性格だったこともあり、友人関係を含めた対人関係に問題があったワケではありません。友達はいました。一番問題だったのは、自分に対する感情をうまくコントロールできなかったことです。

小学校・中学校の頃は人間として未熟なこともあり、あまり目立たなかったのですが、高校生になり、単位制高校に通うことになると、少し周りから浮いているような気がしていました。

というのも、日によって、週によって、自分がどうしたいかがコロコロ変わり、自分自身がそれに振り回されていたからです。

ある週には、勉強が全てだと言わんばかりにやる気があふれ出たのですが、ある週には一気にやる気が失せ、布団から起き上がる気がせず、結局遅刻し、挙句の果てには学校には何とかたどり着いたものの、校内で一日休むという日も実はありました。

内向的な性格が、高校での気の良い友人たちのおかげで改善されるとそれはそれで厄介で、友人たちに対してすごく調子の良いことを言う日もあれば、一日じゅうしょんぼりした様子で会話した日もありました(あくまで主観ですが)。

 

おかしくなっていった大学・大学院時代

f:id:tomu_saito:20160706193343p:plain

出典:無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

大学時代

大学時代は、小学校の頃からずっとやりたかった演劇研究部に所属しました。

自尊心の低い私にとって、演劇は「他の誰かになれる手段」でした。

決して演技力があるわけではなかったですが、とても楽しい日々を過ごしていました。

 

ですが部員数が多くなるにつれて、もめごとも多くなりました。

当時私は演劇に没頭するあまり、幹事を務めていたにも関わらず、部活動としての在り方より、演劇にどれだけ集中するかに注力を注いでしまったため、演劇研究部の部員たちの思想を真っ二つに分断するようなことを引き起こしてしまいました。

その挙句、最悪のタイミングで血液のがんが発覚し、泣く泣く幹事も予定していた公演の演出としての立場もおりました。

私自身、周りが見えなくなっていたこと、最悪のタイミングで私にとって悪いことが次々に起こったことで、内向的で済んでいた感情の波が激しさを増し、他人を攻撃するようになっていきました。

 

結果、私は四年間所属するはずだった演劇研究部を、最後の一年を逃げ去るようにして関わりを自らたち、当時付き合っていた恋人に「疲れた」の一言で別れを告げられ、その時まるで人生が終わったかのような状態で、大学四年~大学院へと進んでいきました。

 

大学院時代

その後、大学四年生で研究室に所属し、研究の面白さにはまり院まで進むことになりました。

※実際には、研究の面白さにはまったのも事実ですが、演劇の道に進もうとしたところ、「次に病気になったら守ってあげられない」という両親の説得により、残り二年間学生でいることを決心したのも事実です。

 

しかし、大学院では担当教授とのウマが合わず、実験も失敗ばかり。実験が失敗することなんて当たり前なのですが、私はその時大学四年間の思い出が心にひっかかり続けていたため、次第に「なんで私ばっかり・・・」「なんでこんなにも人生うまくいかないんだろう」と自分を追い詰めていました。

でも、実験の調子がいい日には朝六時くらいから夜十時くらいまで残って研究したりしていたんです。実験の調子の悪い日にはコアタイムの朝十時から夕方五時で研究室を出ていきましたが。

 

ある日、布団から起き上がれなくなる

ある日、本当になんのきっかけもなしに突然、研究室へ向かう気が起きず、布団から出ることができませんでした。その前から時々調子が悪く、1日欠席することはありましたが、この日から3週間、ほとんど排泄以外で布団から出ることはありませんでした。

3週間近くたって、なぜか少しだけ冷静になれたとき、

「これはやばい」

と思い、病院を探し、心療内科に駆け込みました。

 

双極性障害Ⅱ型と診断される。少しほっとする。

駆け込んだ心療内科で受けたカウンセリングで、この名前を聞いた時、私はほっとしました。20数年間のもやもやが全て解消できた、納得できたような気がしたからです。

Ⅱ型は躁状態鬱状態が交互に繰り返されます。

私にとって、あのやたら調子がいい日というのは軽躁状態で、決して調子がいいわけではありませんでした。その日から私は薬を飲み始め、少しずつ波を抑えることができました。

 

会社勤めで、薬すら効かないような対人関係で頭を悩ます

できる限り普通であろう。

それが、薬を処方されてからの私のモットーでした。

大学院の残りの生活は、安定した感情の波と教授の理解により、充実して過ごすことができました。そして就職活動も、素直に自分のやってみたいことをやろう、みてみようの精神で行うことができ、内定をもらった会社に無事就職しました。

しかし、私の入った会社は不穏な空気が充満していました。

決して評判の真逆の会社ではありません。業界内での評判も高い方です。ただ、勤めている人達の口角が誰一人あがっていなかったのです。

不安だな、と思いつつ仕事をしていると、次々に1~9年目の人たちが辞めていきました。私は対人関係やそんな会社の状況にたいし、不安が募り、その不安感により薬の量が増えていきました。

しかし私の精神より先に身体に支障が現れ、腹痛・下痢・動悸がひどくなり会社を早退してしまったとき、私は「これは薬で何とかなる問題ではない」と思い、休職に至りました。

 

休職する直前から今、私が思っていること

病院や薬を私はまず第一に頼る人間です。

ですが、このときは「環境や考え方を変えなければ、だめになる」と思いました。

結果、会社には大変な迷惑をかけ、旦那や両親にも突然のことに迷惑をかけましたが、休職という形で一度会社からフェードアウトするに至りました。

会社にいる人たちから見れば、”逃げ”だと思いますし、私自身も”逃げ”たという自覚はあります。けれども、苦しいのにただただ何となく続く毎日を送るより、私は過ごしやすい健やかな毎日のために逃げることを選びました。後悔はありません。

そして、やりたくないこと、やりたいことに正直になることに決めました。

自分という存在に正直に、自分をただ受け入れることにしたのです。

理解者がそばにいるということ

そしてこの考え方に至るには、たった一人では成し得ませんでした。

私のやりたいことを尊重し、叱りながらも見守ってくれる旦那の存在や、

大事な家族、友人の存在があったからこそ、今私は毎日過ごしやすいと感じています。

 

私の友人は非常におおらかな人ばかりなので、自分が双極性障害Ⅱ型だということを伝えた時の反応は皆「知ってた」「大丈夫、学生の頃からそんなだったし、少しも気にしていない」でした。気にしていたのは自分だけでした。

両親にも伝えています。両親も同じような反応でした。

旦那は「休みたい時休めばいいし、自分に正直なら何しても応援するよ」と言ってくれました。

 

本当に今まで私だけが、私を受け入れていなかったことが分かる瞬間でした。

 

理解者がいない、受け入れるのが不安という方へ

そんなこと言っても、私には・・・という人もいるかもしれません。

ですがもし共感や少しでも不安が解消されたというのなら、私達はもうお互いにお互いにとっての理解者だと思っています。

これは双極性障害Ⅱ型であるかどうか関係なく、同じように何か生きづらさを感じる人にとって、何か思えることがあれば、それが理解し合えたことだと思っています。

 

私はこれから、自分のやりたいことに正直になって、様々なことにチャレンジするつもりです。今の社会的地位や役割、信用は低いのかもしれませんが、私が今過ごしやすい毎日を過ごせているからそれでいいんです。

 

もし私の文章が役に立てたのなら嬉しいです。

では。

 

 ◆本日の一冊◆

スポンサーリンク