ジェームズ・マカヴォイがかっこよすぎる!ジェームズ・マカヴォイおすすめ映画3選

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160623221112j:plain

出典:http://www.fanpop.com/clubs/james-mcavoy/images/1419054/title/james-photo

 

ジェームズ・マカヴォイという俳優を知っていますか?

 

スコットランド人出身の俳優さんなんですが、鼻すじと目の堀が深い感じがもう最高!!鼻血でちゃう笑!!!

 

▲お台場にある有名な蝋人形館。ここにはまだジェームズ・マカヴォイはいません・・・。

 

 

ジェームズ・マカヴォイという俳優

彼の出演作で一番有名な作品はX-MENなのではないでしょうか。

 

有名なアメコミ映画である『X-MENシリーズ』で強力なテレパス能力をもった若かりし頃のプロフェッサーXを演じます。

f:id:tomu_saito:20160623221532j:plain

出典:http://www.ew.com/article/2013/02/19/x-men-days-future-past-wheelchairs-professor

 

(↑)マカヴォイたん演じるプロフェッサーXの未来は、パトリック・スチュアートが演じます。彼の演技もまあかっこいいんだぜ!映画『ローガン』でいい味出してます(関連記事はコチラ)。

 

ジェームズ・マカヴォイの存在を知ったのは、大好きなX-MENシリーズのおかげ。テレパス能力があって、あんな整った甘い顔立ちをもっていたら、無敵でしょう!

 

映画を観ている最中に一目ぼれしました。

 

夫より断然かっこいい笑!

 

マカヴォイというFamily Nameが個性的。一度聞いたら忘れられないはず。

 

マカヴォイたん。

 

マカヴォイたん

 

マカヴォイたん

 

そんなマカヴォイたんの魅力がぎゅぎゅっとつまったおすすめ映画を3本紹介します。

 

1.『X-MEN』シリーズ

 

 

 

X-MENの能力別にみれば、地上最強のテレパスであるプロフェッサーXより、「金属なら何でも動かせるよ」なマグニートーの方が好きな私。

 

しかし俳優なら、マグニートーを演じるマイケル・ファスベンダーも好きだけど、やっぱり断然マカヴォイたんです!

 

X-MENシリーズでマカヴォイたんの魅力を見るなら、『ファーストジェネレーション』と『フューチャー&パスト』『アポカリプス』を順番に見て存分に味わっていただきたい。

 

観る時間がないと言っている人、大丈夫です

 

マカヴォイ沼にハマれば、もう目は離せない!!!笑

 

このシリーズでのマカヴォイたんの魅力は、

 

  • 立ち振る舞いがイケメン優等生
  • 他のミュータントと違い、動きが派手じゃなくてかわいい
  • 『フューチャー&パスト』でのだめんずぶりが良い
  • テレパス設定だからか目力が強い
  • マカヴォイたんがはげる瞬間は必見

 

もうお分かりでしょう。

 

映画のストーリーをマジメに追えておりませんwww

 

完全にマカヴォイたんに興奮するため”だけ”に『X-MEN』を利用しておりますが、このシリーズ・・・マカヴォイファンビデオといって過言ではない

 

2.『ウォンテッド』

 

ジャケットにアンジェリーナ・ジョリーしかいない・・・

 

マカヴォイたんはどこだ!

 

出せっ!

 

「しがない経理事務担当だった俺。でも俺には暗殺者の素質が備わっていたんだぜ!」とみるみるボーイから漢に変わる、主人公ウェスリーを演じるのがマカヴォイたん。

 

彼を暗殺者としての素質に目覚めさせるキーパーソン・暗殺者フォックスを演じているのが、ジャケット写真でかっこよく銃を構えるアンジェリーナ姉さんです。

 

少年漫画のような展開を海外のスケールで映像化したようなこの作品。

 

何がすごいってね、ボールを投げるように銃を撃つと、銃の弾が曲がるんですよ?!気になったらぜひ観てwww

 

しかしまあ、ジェームズ・マカヴォイの成長していく姿はとにかくかっこいい!

 

設定にはもちろん無理があるし、「ありえねー」なシーンの連続ですが、マカヴォイたんが大活躍するシーンを、私は何度も巻き戻して観ました笑。10回は観ました笑。

 

  • 殺し屋として覚醒し始めてからの男らしさ
  • 細身で小柄なウェスリーが立派な殺し屋になる感動
  • 走りながらの殺陣シーンはマジで大興奮!
  • 主役だし、終始かっこいいに決まっているw

 

 

さえない男がどんどんかっこよくなっていくストーリーって、王道だけどついつい観てしまいません?

 

3.『フィルス』

 

コカイン中毒のクズ警官ブルースを演じているのがマカヴォイたんです。

 

クズっぷりを出すために、撮影前にアルコールを飲んでから臨んだというこの作品(制作中も飲んでいたとのこと)。

 

もうねえ、本当にひっっっど下ネタwww、下品な言葉遣い、逆に心地いいと思えるシーン満載。当然のごとくR-15。誰もが納得。

 

下品で最低で悲しい男ブルースの話

 

コメディというジャンルですが、ラストシーンの”笑顔”を観ると、席を立てなくなります

 

悲しい男なんですよ、彼は

 

ネタばれはしません。

 

ネタバレしないほうが、この男の悲しみがすごくわかると思う。

 

本当にクズでだめで最低で下品な男なんだけど、だめんずホイホイ映画とも言える。だめんず大好き女子は皆、ブルースのことを愛しちゃうんじゃないかな。

 

  • ジェームズ・マカヴォイの役者魂を観よ
  • ゲス野郎に知らぬ間に感情移入
  • ラストの”笑顔”は必見
  • むなしさを感じている人には劇薬

 

”俳優”ジェームズ・マカヴォイを観るならコレに限る!

 

最新のマカヴォイたん作品が楽しみ!

 

ジェームズ・マカヴォイが大好きになったことに気づいた最大の要因は、「彼の出ている新作映画をチェックするようになった」ということかな。

 

以下に前回観たマカヴォイ映画の記事、載せておきます。

よろしければぜひに。

では。

 

関連記事

www.tomutomu-corp.com

 

最新マカヴォイたんの予告編


『アトミック・ブロンド』予告

 

◆本日の一本◆

王子様のようなマカヴォイたんを観たい人にはコレがおすすめ。