読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェームズ・マカヴォイって知ってる?かっこよすぎるジェームズ・マカヴォイが観られるおすすめ映画3選

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160623221112j:plain

出典:http://www.fanpop.com/clubs/james-mcavoy/images/1419054/title/james-photo

ジェームズ・マカヴォイという俳優を知っていますか?

眺めているだけで本当に鼻血でちゃう・・・笑

スコットランド人らしい雰囲気がすごく出ている俳優さんだと思っています。鼻と目の堀が深い感じがもう最高!

 

 

お台場にある有名な蝋人形館。

ここにはまだジェームズ・マカヴォイさんはいません・・・。

 

ジェームズ・マカヴォイという俳優

スコットランド生まれの俳優です。

彼の出演作で一番有名な作品はX-MENなのではないでしょうか。

有名なアメコミ映画である『X-MENシリーズ』で強力なテレパス能力をもった若かりし頃のプロフェッサーXを演じます。

f:id:tomu_saito:20160623221532j:plain

出典:http://www.ew.com/article/2013/02/19/x-men-days-future-past-wheelchairs-professor

若かりし頃ではないプロフェッサーXは、パトリック・スチュアートが演じます。

信頼できる老人って感じですごく良いです。

 

ジェームズ・マカヴォイの存在を知ったのは、大好きなX-MENシリーズのおかげ。テレパス能力があって、あんな整った甘い顔立ちをもっていたら、無敵でしょう!

映画を観ている最中に一目ぼれしました。

 

夫の数百倍かっこいいです。

 

マカヴォイというFamily Nameの個性的さで、一度聞いたら忘れられないはずです。

 

マカヴォイたん。

 

マカヴォイたん

 

皆覚えてマカヴォイたん

 

そんなマカヴォイたんの魅力がぎゅぎゅっとつまったおすすめ映画を3本紹介します。

 

1.きっかけはこれ!『X-MEN』シリーズ

 

X-MENの能力別にみると、私は「エスパーだよ!」なプロフェッサーXより、「金属動かす!」マグニートー派なんですが、俳優さんに関してはマグニートー演じるマイケル・ファスベンダーよりジェームズ・マカヴォイ派ですw

 

X-MENシリーズでのマカヴォイたんの魅力は、『ファーストジェネレーション』と『フューチャー&パスト』『アポカリプス』を順番に見て存分に味わっていただきたい。

観る時間がないと言っている人、大丈夫です

 

マカヴォイ沼にはまったら目を離すことはできません笑。

 

このシリーズでのマカヴォイたんの魅力は、

  • 立ち振る舞いがイケメン優等生
  • 他のミュータントと違い、動きが派手じゃなくてかわいい
  • 『フューチャー&パスト』でのだめんずぶりが良い
  • テレパス設定だからか目力が強い
  • プロフェッサーがはげる瞬間は必見

もう映画のストーリーをマジメに追えておりませんw。

完全に観て興奮するためだけに利用しておりますが、X-MENシリーズはジェームズ・マカヴォイファンにとっては、ほんとただのファンビデオです。

 

2.情けない男から漢へ!『ウォンテッド』

 

ジャケットにアンジェリーナ・ジョリーしかいない・・・

マカヴォイたんはどこだ!

出せっ!

あらすじ

ウェスリーは経理事務のルーティン・ワークにウンザリしている一人の若者。

しかし彼の運命は、セクシーで謎めいた女フォックスとの出会いによって一変する。スーパーで突如襲いかかる正体不明の暗殺者から彼を守ったフォックスは、千年前から、神に代わって“運命の意志”を実践してきた秘密の暗殺組織フラタニティのメンバーだった。ウェスリーは、組織のボスであるスローンから、父が組織一の殺し屋Mr. Xで、昨日メトロポリタンビルで殺されたばかりだったことを知らされ、殺害された父の後を継ぐ選択を迫られる。

出典:ウォンテッド (映画) - Wikipedia

ウェスリーを演じているのがマカヴォイたん。

フォックスを演じているのがジャケット写真でかっこよく銃を構えるアンジェ姉さんです。

 

自分には殺し屋としての才能があった、なんて少年漫画みたいな展開が待っているこの作品。少年漫画海外のスケールで映像化するとこんな感じになります

何がすごいってね、銃を野球ボールを投げるようにして腕を振りながら撃つと、銃の弾が曲がるんですよ?!気になったらぜひ観てw。

 

しかしまあ、ジェームズ・マカヴォイの成長していく姿がかっこいいから、設定に無理があったり、ありえないシーンの連続にも関わらず、マカヴォイたん大活躍シーン私は10回観ました笑。

 

  • 殺し屋として覚醒し始めてからの男らしさ
  • 細身で小柄なウェスリーが立派な殺し屋になる感動
  • 走りながらの殺陣シーンはマジで大興奮!
  • 主役だし、終始かっこいいに決まっているw

 

アンジェ姉さんの他に、モーガン・フリーマンも出演。やたら豪華。

少年漫画的なストーリーではありますが、

弱弱しい男性がどんどん強く成長していくストーリーって

王道だけどついつい観てしまいません?

 

3.”俳優”ジェームズ・マカヴォイが拝める『フィルス』

 

ジェームズ・マカヴォイに見えない人相悪いジャケット。

ちゃんとジェームズ・マカヴォイです。

あらすじ

スコットランドの刑事ブルース・ロバートソンの妻キャロルは、夫の昇進を強く望んでいた。そんな年末のクリスマス・シーズンに発生した日本人留学生殺人事件をきっかけに、コカイン中毒のブルースは出世を目論むが、酒やドラッグに溺れ、錯乱状態の彼の素行は次第にエスカレートしていき、事態は一変し、衝撃のクライマックスを迎える。 

出典:フィルス (2013年の映画) - Wikipedia

 

コカイン中毒のクズ警官ブルースを演じているのがマカヴォイたんです。

クズっぷりを出すために、撮影前にアルコールを飲んでから臨んだというこの作品(制作中も飲んでいたとのこと)。R-15 です。ひっどいwエロネタ、きったないw言葉遣い、逆に心地いいぜってぐらい下品で最低で悲しい男ブルースの話

 

コメディのエリアにあったから借りたのに、ラストシーンの”笑顔”を観るとしばらく席を立てません。コメディって言わないよ、こういうのは笑。映画のジャンル選定した人を責めたくなりましたw。

 

ネタばれはしません。

ネタバレしないほうが、この男の悲しみがすごくわかると思う

本当にクズでだめで最低で下品な男なんだけど、この映画は完全にだめんずホイホイ。だめんず大好き女子はめんどうみたくなるんじゃないかな。どんなにブルースに虐げられたとしても。

 

  • ジェームズ・マカヴォイの役者魂を観よ
  • ゲス野郎に知らぬ間に感情移入
  • ラストの”笑顔”は必見
  • むなしさを感じている人には劇薬

 

”俳優”ジェームズ・マカヴォイを観るならコレ!

劇薬です。 

 

かっこいいジェームズ・マカヴォイを拝む会を開きたい

X-MENに登場する最終形態プロフェッサーマカヴォイたんが地味に好きです。

あんなかっこいいハゲみたことないw!

 

生まれ変わったらジェームズ・マカヴォイになりたい。

好きすぎて本人になりたい笑。

では。

 

◆本日の一冊◆

 映画『ナルニア国物語』にも出てるんだぜ。

スポンサーリンク