アメリカで最も住みやすい街、オレゴン州ポートランド。おすすめスポット(予習編)

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160610170812j:plain

magazine.foxnews.com

ブードゥー教の呪術人形をかたどったドーナツなんだって・・・!可愛い・・・。

 

 

新婚旅行先について相談する(およそ3か月前)

私は6月末ごろに籍を入れる&結婚式を行い、そのまま新婚旅行に行くのですが「新婚旅行先はやっぱり海外がいいよね」ということで話をして、そのまま放置していました。”海外へ行く”ということ以外、計画を立てていなかった私達ですが、このたび行く先が決定いたしました。それが、

 

アメリカで最も住みやすい街

オレゴン州ポートランド

 

なぜポートランドを選んだのか

3年前、たまたま手にとった本が私のポートランド行きたい欲に火をつけました。 

TRUE PORTLAND the unofficial guide for creative people 創造都市ポートランドガイド

TRUE PORTLAND the unofficial guide for creative people 創造都市ポートランドガイド

 

 上記の本、TRUE PORTLANDというポートランドだけが掲載されたマニアックなガイドブック。ポートランドLOVERによるポートランドの過ごし方コラムも充実。索引もEAT、RUN、DIG、SLEEP、LOVE、DRINKなど分かれていて、それぞれ紹介されているお店は想像をかきたてられる感じの文章。だらだらと紹介するのではなく、「店員さんはぶっきらぼうだが、このお店に来ずにポートランドを語ってはならない」みたいな文章がたくさん。

 

わくわくが止まらなくなった私は男性誌であるポパイで特集されているのを知り、即買い。TRUE PORTLANDで記載されている紹介文とはまた違った感じで紹介されている感じがそれはそれで魅力的。 

POPEYE (ポパイ) 2014年 07月号 [雑誌]

POPEYE (ポパイ) 2014年 07月号 [雑誌]

 

 ポパイは写真の配置が最高な雑誌。文章もスイスイ読める口語体で、男性誌とはいえ男性だけが読むのは勿体ない。ポートランド特集がきっかけでポパイのファンにまでなりました。現地で過ごしている感が紙面ですでに味わえます。それって素敵だよね。

 

もうすでに行くと決めている場所

ほぼ上記二つの情報だけで、勝手にポートランドLOVERになった私。

夫(となる人)は、「面白そうじゃん、いいね~」の二言で新婚旅行先となることを了承してくださったわけで、では最低限行きたいところをピックアップして、あとはのんびり過ごそうということに。

そんな私が行きたい場所は以下の通りです。

  • ブードゥードーナツ
  • パクストンゲート
  • フードカートが密集している場所

まずブードゥードーナツですが、これはすでに日本にも上陸済みというのだけれど、そんなん本場に行く機会があるならアメリカで食べたいじゃん!という信条のもと、行きたい場所候補としてあがりました。

Voodoo Doughnut, Doughnuts

↑オフィシャルサイトが怪しさ満点笑

ちょっぴり卑猥な形のドーナツがあったり、かなりとんがっているお店とのことなので、すでにワクワクしています。

 

パクストンゲートは、剥製屋さんです。剥製とか標本しか置いていないとのこと。双頭のねずみの剥製とかまたきわどい感じが置いてあると聞いて、そんなん見たすぎる、買いたすぎるということで。行きたい場所候補に。

Paxton Gate Paxton Gate

↑オフィシャルホームページ、父の日ギフトのおすすめもありました。

ワークショップで、実際にリスの剥製を作成することができるらしいのですが、どうだろう・・・少し勇気がいりそうだな。

f:id:tomu_saito:20160610174043j:plain

Paxon Gate | Kristi Does PDX: Adventures In Portland, OR

 ↑こんな店内が広がっているとのこと。

そういえば、私は上野の国立科学博物館が大好きなのですが、その中でも好きな場所が剥製がぎっしりの階だったりするので、動物をじっと見るのが好きなのでしょうか。

 

またポートランドはフードカートが充実しているとのこと。

「お気に入りのフードカートを見つけてみよう」なんて言った言葉が、ポパイに乗っていたりするものだから、そんなんお気に入り見つけてみせるわ!といった具合。

Food Carts Portland - A Guide to Food Carts in Portland Oregon

↑フードカートのサイトまで発見。

しかもなんだか、ヴィーガンと呼ばれる完全菜食主義者の方々にとっても優しい地域とのことで、食べ物は全体的にヘルシー路線のものが多いんだとか。

もちろんステーキが美味しい店があったり、地ビールやコーヒーがとにかく美味しいとのことなので、腹が破裂するくらい美味しいもの食べ漁る予定です。

 

ホテル予約で超楽だったのがこれ。

 

 

素直に感動しているサイトがこれ、Booking.com。

日本語サイトなので、私はTRUE PORTLANDで泊まりたいホテルを検索し、ひたすらポチポチ入力しただけ。でも、これならアメリカに降り立つ直前でも英語まみれに焦る必要はなくなります。

※もちろん日本と違って海外は、ダブルブッキングで泊まれないとかサイトと言ってることが違うってことが多々発生するので、直前に頑張ってへにゃへにゃ英語でコミュニケーションをとるつもりではありますが。

でもこのサイト、口コミがいちいちリアルで信頼度高いです。

日本人以外の口コミもちゃんと読めるし、私が泊まるホテルは皆口をそろえて、

「朝食はしょぼい」(英語でも書かれてしまう・・・笑)

って書いてて、なんか説得力ありました笑

 

日本の旅行でも使えるっぽいので、今後も使おうと思います。

無駄な広告もほとんど出てこないので、本当に楽ちん。

 

6月末、実際に行ってきましたレポートもできるように準備しておきます。

最後に私をますますワクワクさせてくれたポートランド旅行記ブログを紹介。

では。

ポートランド旅行記 その3 「いろいろかっこいい、Mark Spencer Hotel」-Portland travel report vol.3 - 神山生活二年目