考えてみた-男女

【夫婦小話】洗濯物がひっくり返っていようと、直す”義務”なんてない。

こんにちは、齋藤吐夢です。 今回は家事問題によく挙がる(?)洗濯物を例に、私が考えている”夫婦の在り方”について書きます。 キレる妻という話題 我が家の洗濯物問題 私の”洗濯”への考え方 洗濯物がひっくり返っていても イライラしているのは他人だけ 相…

「メイクしない=美意識がない」は違う!メイクしないことを決めた女性の記事を読んで、思ったこと。

こんにちは、齋藤吐夢です。 この間、ハフィントンポストでこんな記事を見つけました。 www.huffingtonpost.jp www.huffingtonpost.jp 多分同い年の女の人で、普段のメイクの雰囲気を見る限り、割と”おしゃれ”な女の人だと思っている(おしゃれか否かの基準…

私は”フェミニスト”という言葉を勘違いしていた。”両性が平等であると信じる者”

こんにちは、齋藤吐夢です。 ジェンダーやセックスについて考えるたび、「なんて難しい問題なんだ」「どうやったらうまく伝えられるんだ」と思い悩んでいました。 そんな私は、少し前まで”フェミニスト”という言葉を嫌っていました。 なんか女性優位なイメー…

生理周期と性欲の関係について。性欲が増減する苦しみを知ってほしい!

こんにちは、齋藤吐夢です。 生々しい話題ですが、私にとってこの悩みは結構深刻な問題です。 深刻な問題ですが、ブログのネタになるな!と思ったので、正直に書き進めていこうと思います笑。 もしかしたら、同じような悩みを抱えている人がいるかもしれない…

セックスレスの原因は私かもしれない。セックスが苦手になってしまった3つの理由。

こんにちは、齋藤吐夢です。 こんな記事を読みました。 tabitora.hatenablog.com セックス嫌いな若者たち、というタイトルを聞いても、私は「彼らの人生なのだから別にいいじゃないか」とも思うのですが、社会的に問題視されている少子高齢化も、不安っちゃ…

子供をつくらない理由。極端に言えば、私は”夫”以外に興味がないのだ。

こんにちは、齋藤吐夢です。 高校の同級生がママになって、身近な人がママになって、SNS界隈で知り合った方もママになって、とてもめでたいと思った。 めでたい、とは思ったけれど、私は子供をつくらないつもりだ。 極端に言えば、私は”夫”以外に興味がない…

ポリアモリーが気になる。複数人と同時交際する、そんな愛も良いね。

こんにちは、齋藤吐夢です。 私の好きな雑誌に『東京グラフィティ』があります。 高校生の時に出会ってからずっとファン。偏見もなく、赤裸々な人の姿を映し出す、可愛らしい雑誌だと思ってる。 数ある特集の中でも「いろんな愛の形」特集が好きなのだけれど…

夫婦円満3つの心得!結婚して1年の夫婦が、長年連れ添って見える理由。

こんにちは、齋藤吐夢です。 2016年6月に結婚し、気づいたら結婚して1年が経っていました。 結婚して1年目とはいえ、交際歴は4年。そのうえ私達は何を思ったか、交際初日から同棲しているので、付き合い自体はまあまあ長く5年経っております。その影響もあっ…

結婚して良かった3つのこと。不満や愚痴を言い合える夫に感謝です!

こんにちは、齋藤吐夢です。 突然ですが、私、夏がとても苦手”でした”。 なぜ過去形なのか。 ”夫”と結婚して良かったことのひとつだからです笑。 結婚して良かった3つのこと、紹介させてください! ※結婚して良かったことは、夫に面と向かって言わないぞ!…

【夫婦小話】新婚夫婦の所有物戦争。断捨離が好きな理由と価値観の相違について。

こんにちは、齋藤吐夢です。 私は断捨離が好きです。 とはいえ、小学生時代は”モノ溢れかえってる系女子”でした笑。びっくりするほど片付けできない子供でした。思い返しても恥ずかしいレベル。プリント、くちゃくちゃ笑。 ただ26歳の今となっては、断捨離は…

家事分担の話が食い違うのは、まず双方の考えていることに違いが生じているからだろう。

こんにちは、齋藤吐夢です。 夫婦の家事分担について、よく話します。 話すといっても相手は、夫ではなく、母親や祖母、女の友人など同性と話すことが多いのですが笑。 この間こんなツイートを見かけまして 手軽にできる家事へのアプローチを考えました。ブ…

【夫婦小話】人の自己投資って不安になるけど、口出しちゃいかんよね。夫婦のお金の話。

こんにちは、齋藤吐夢です。 私達夫婦の財布は別々です。 そのため、夫が意気揚々と何かを買ってワクワクしているのを見ると不安になっていました笑。この人、お金使いすぎてない?ってなって笑。 私より彼の方が稼ぎは良いですが、スタンダードサラリーマン…

日本人のセックス観、性的なものへの規制基準って、結局”男性目線”オンリーなんじゃないの?

こんにちは、齋藤吐夢です。 話題になってる準強姦罪とか、過去の”卑猥”と呼ばれたものへの規制とかを思い返してみると、”男性にとってどう影響するか”的な規制がしてならないのよね。 女性って、この世に生まれただけでだいぶ損してるのかな、くらい追い込…

収入差はあっても夫婦共働きしてるよ。2人に共通の目標がないなら、”自分にとって最適な”働き方しなよ。

こんにちは、齋藤吐夢です。 最近何だか仕事の話をすると夫婦の会話がうまくいかないなあ・・・なんて思っていたところ、この間夫に「あなたの働き方に嫉妬している」と言われました。 なるほど、納得。 しかし嫉妬されていたと分かっても、私達の目標を掲げ…

夫婦はあくまでも”他人”である。だから、家事の仕方や生活スタイルの違いを受け入れる他ないのだ。

こんにちは、齋藤吐夢です。 私達夫婦は多分、仲は良い。 でも時々、私が彼に対して”夫””彼氏””恋人”といった特別な異性感情を抱こうとしないことについて、彼は愚痴(?)をこぼす。 私にとって彼は”夫”であると同時に”他人”である。 恋愛のような異性感情…

男性は愛おしくなるとこんな行動を取るらしい。『妻に恋する66の方法』を夫からプレゼントされて。

こんにちは、齋藤吐夢です。 うちの妻ってどうでしょう? 1 (1) (アクションコミックス) posted with ヨメレバ 福満 しげゆき 双葉社 2008-04-28 Amazon Kindle ▲ 福満しげゆきさんが描く奥さんの絵が、奥さんへの愛しか感じないので元々大好きだったのですが…

ジェンダーについて悩み続けている。好きな人と結ばれるより、好きな人そのものになりたい。

こんにちは、齋藤吐夢です。 最近自分のBL好きに拍車がかかる中、あることに興味を抱きました。 それは自分のジェンダーについて。 自分は体も心も女だと思っていたけれど、心のどこかに体が女であることに疑問というか居心地の悪さを感じる自分がいたことを…

ゼクシィCMが話題。結婚しなくても幸せになれる、は多分、きっと本当よ。

こんにちは、齋藤吐夢です。 巷ではゼクシィのCMが話題になっている・・・らしい。もしかすると、とっくのとうに旬は過ぎているのかもしれないけど笑。でも、私、素直にCMが素敵だと思った。 素敵だと思ったのと同時に、本当に結婚すべきかどうか・・・と悩…

価値観が違うのなんて当たり前!幸せな2人になりたかったら、価値観押し付けんなよ。

こんにちは、齋藤吐夢です。 価値観の違いが原因でお別れするカップルや夫婦が多いと聞く。 私なんか結婚相手との価値観なんてほっとんど違うし、むしろ人間的には嫌いなところが多いほどである笑。 価値観が違うのなんて当たり前だ。 幸せな2人になりたかっ…

ジェンダーレスになりたい。取り外し可能なおっぱいが欲しい。そのくらい嫌悪が進んでいる。

こんにちは、齋藤吐夢です。 過去にもこんな記事を書きました。 www.tomutomu-corp.com 思い返せば、第二次性徴期に入る前から、女性の女性らしい曲線を手に入れるのが嫌だったことを覚えています。 それは思春期特有の感情だと思っていたし、今でも別にち●…

一つの結婚観。結婚相手は好きな人ではない。好きな人と一緒にいられるわけがなかった。

こんにちは、齋藤吐夢です。 今日夢の中に、好きな人が出てきました。今でも好きなことに変わりはないので、その「好き」という感情を整理するために、脳みそが夢を見させたのでしょう。 私は結婚していて、夫がいて、夫が大切なことに変わりはありませんが…

今まで振られたことしかない私が、振られる女の特徴を3つ教えます。

こんにちは、齋藤吐夢です。 振られるってショックよね。 私は結婚しているのですが、彼を除く過去3回の恋愛経験の中で振られ続けています。思い返せば十中八九私に原因がある!し、振られる女の特徴もよ〜く分かった。身に沁みて分かった笑。 振られる女の3…

結婚はゴールじゃない!これから結婚する人へ。「結婚=幸せ」はもうありえないから。

こんにちは、齋藤吐夢です。 これから結婚する人へ伝えたいことがあります。 どういう理由で結婚に至ったにせよ、結婚はゴールじゃないです。 あと「結婚=幸せ」だなんて式は、もう成り立ちません。 目次 結婚はゴールじゃない 「結婚=幸せ」はもうありえ…

子供を宿すのが怖い。女でいるのが怖い。無性別へのあこがれを抱きながら。

こんにちは、齋藤吐夢です。 私が抱く女性としての生きづらさ 私の大好きな詩人、田村隆一さんのお話しの中で唯一相いれなかったのは、女性の役割の多さについてでした。 “女性には三つも四つも役割がある。娘、妻、母、恋人と、昆虫の変態のように変化し、…

さみしがり屋のベクトルが違うのも、さみしいもんだね。

こんにちは、齋藤吐夢です。 夫からのラインは突然である。 突然ではない場合というのは、例えば「ご飯外で食べてくる」「帰る」「今日飲み」とかなのだけれど、突然のラインというのは、彼がその時目に入った情報や出来事をすぐにでも共有したいときのライ…

結婚することに疑問を抱くなら、別にしなくていいじゃない。結婚したという肩書がどうでもよくなればいい。

こんにちは、齋藤吐夢です。 結婚を決して全力で後悔しているわけではないけれど、もしかしたら人のために結婚したんじゃないか、と思って怖くなっている。 もしこれを読んでくれているあなたが、この先結婚に対してもやもやしたものを抱えたまま結婚の方向…

「女の役割から逃げたいからです」そもそも、女の役割ってなんだろう?

こんにちは、齋藤吐夢です。 インターネットで『Twitter民が「教授に言われた衝撃的な一言」』というまとめ(現在は削除されていました)を見ていたところ、面白いツイートがありました。 学生時に心理学の教授に「なぜ女性はホモが好きなんですか?」とざっ…

おっぱいがあってよかったことなどない。女性として生きる自分の身体に対する疑問がつきまとう。

こんにちは、齋藤吐夢です。 私の性別は女。 異性が好きで、それも骨ばった異性の身体が本当に好きです。私は異性愛者なのですが、私は自分の身体に嫌悪感を抱くほど、女性らしい自分の身体が本当に嫌いです。 女性らしい体の丸みが憎い 重力に逆らえない丸…